韓国のエイブラー・カンパニー、レストラン予約サービス「予約王ポイン」を開始

SHARE:

【原文】

去る7月11日、グルメの人達に喜ばれる新しいアプリが発売された。繁盛しているレストランには事前の予約が必要だが、レストランを検索、ネット上のレビューを比較、場所を確認、電話予約に至るまで、かかる時間は少なくないし、サイト一つでワンストップに解決されないので面倒だ。これらの不便の解決に焦点を当てたアプリが「予約王ポイン(예약왕 포잉)」だ。

レストラン予約がまだ活発でない韓国国内とは異なり、米国、欧州などでは既に Open TableUrbanspoonTheFork などの、オンラインレストラン予約サービスが展開されている。ウェブとモバイルで、検索、レビューや価格帯を確認、予約など、さまざまなサービスを同じサイトで数回クリックするだけで解決できるのだ。「予約王ポイン」は、予約の電話を不要とし、15秒で予約が完了できることを基本コンセプトにしている。ユーザがポインアプリで予約を完了すると、ポインからレストランに自動的に電話をかけて予約を代行してくれ、ユーザはポインアプリで予約状況をリアルタイムに確認できるのだ。

「予約王ポイン」が海外のレストラン予約サービスと差別化を図っているのは、ポイン・キャッシュ・システムだ。ポインアプリで予約後、レストランを訪れれば400キャッシュ、Facebook でポイン利用を共有すると、100キャッシュが追加される。1キャッシュは現金1ウォンに換算され、貯めたキャッシュはアプリを使ってコンビニやコーヒーチェーン店で飲み物に交換できる。(400ポイントは約27.6円、100ウォンは約6.9円に相当)

現在、「予約王ポイン」で予約できるレストランは、韓国全土27,000件だ。600万人が利用するフランス、イギリス、ドイツのレストラン予約サービス The Fork の提携レストランが1万件であることと比べると、エイブラー・カンパニーがいかに力を入れて、「予約王ポイン」サービスを準備してきたかがわかる。アプリ立ち上げと同時に、積極的なアプリレビューやイベントを通じて、App Storeのライフスタイルカテゴリーで2位の座についた。新規アプリのリリースを控えているスタートアップにとっては、エイブラ・カンパニーによる「予約王ポイン」のマーケティングにも注目する必要があるだろう。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom