アメリカ発のメッセージアプリ「MessageMe」はアジアの人気メッセージアプリのクローンにすぎない

SHARE:

url3-315x229アメリカのモバイルチャットアプリMessageMeはわずか数週間前のローンチ以来、大きな話題となっている ——もちろん、いい意味で。TechCrunchの報告によると、同アプリはすでに100万人以上のユーザを引き寄せ、1000万以上のドゥードゥル(落書き)が送信されているという。

MessageMeは、数多くのサービスで溢れるモバイルチャット市場において、同サービスが提供する機能で他サービスとの差別化を図っているとTechCrunchは述べている。

「モバイルのメッセージアプリ業界には、FacebookアプリやAppleのiMessages、そしてTencentが提供するWeChatやLineといったアジアの大手サービスなどのアプリで、競争がますます激しくなっているが、MessageMeはドゥードゥルや動画などのリッチメディアを素早く取り入れているため市場を獲得できると考えている。

[中略]

基本的に、同サービスは標準的なメッセージアプリよりもはるかに表現力豊かな機能があると考えている。バカげているようだが、このドゥードゥル(落書き)機能によって、同サービスはこの非常に大きな競争で差別化を図ることができるだろう。」

そして、MessageMeが行ったプレスリリースで、同社は同アプリがコミュニケーションをどう変えているのかと「eメールが昔の郵便システムを大きく変えたこと」を比較している。

だが、MessageMeは本当にそんなに革新的なのだろうか?数多くのアプリと比較して、傑出するような機能を本当に提供しているのだろうか?それを調べてみると、私たちが見出した答えは完全に「No」だった。

確かに、同アプリはうまく作られていて、良い評価に値する。だが、全くもって革新的ではない。つまり、MessageMeが提供しているどの機能も、同サービスよりもずっと長く提供されているアジアのモバイルチャットアプリのなかに既に存在しているのだ。以下に、MessageMeとアジアで人気のチャットアプリ4つが提供している機能明細のリストを紹介しよう。特にローンチ日に注目してほしい。

chat-app-showdown-messageme2

上のリストを見ると分かるように、MessageMeが他サービスとの差別化を本当に図っているのはミュージック機能だけだが、その機能でさえも昨秋以降にWeixin(WeChatの中国語版)に導入されている ——とは言っても、サードパーティのプラグインなのだが。

TechCrunchの言うMessageMeが差別化を図ろうとしているというその他の機能のほとんどは、その他のアプリでもう何年も提供されているものだ。例えば、私は2010年には、XiaomiのMiliaoモバイルチャットアプリを活用して妻にドゥードゥルを送っていた。さらに、アジア発のアプリの多くはMessageMeがまだ提供していない機能も提供している。

例えば、WeChatにはデジタル名刺を交換できる機能があるし、Cubieにはメッセージが消滅する「シークレット機能」がある、そしてベトナムのZaloはピクショナリー系のドゥードゥル(落書き)ゲームを提供している。だから、MessageMeは新開地を切り開いてるのではなく、他サービスに追いつこうとしているのだ。

だからといって、MessageMeが良くないと言っているのではない。同アプリはいいサービスだ。個人的には、同アプリにはいくつかのアジアのアプリよりも良いユーザエクスペリエンスを提供していると思う。そして、もし友達がこのアプリを使えば、おそらく私もWeChatに加えてMessageMeも使い始めるだろう。

messageme

だが、ごまかすのはやめよう。例えば、地理が逆転して、Line、KakaoTalk、WeChat、そしてCubieが欧米のアプリで、MessageMeがアジアのアプリだったとしたら、MessageMeはおそらくコピーキャットと呼ばれ、テック系のニュースサイトの見出しに「アジア版WeChat」というようなフレーズを見ることになるだろう。

もちろん、これらアジアのアプリがモバイルメッセージというコンセプトを発明したのではないが、スタンプ機能や今MessageMeが追いかけているドゥードゥル(落書き)機能などをサービスに導入して、モバイルメッセージのマルチメディアビジョンを開拓し普及させたのはアジアのアプリだ。そして、それがアジアのメッセージアプリが大きく成功している大きな理由だ。WeChatは3億人以上のユーザを誇り、Lineには1億人以上KakaoTalkには7000万人以上のユーザがいる。

LineやWeChatなどのアジア発のアプリがそれぞれの行ったイノベーションに対し功績を得ることができ、少なくとも、MessageMeのスタッフが同アプリは革新的なんだというフリをするのをやめてくれればいいんだが。

MessageMeチームが、このようにスムーズでライトなアプリを構築し、私たちがこれまでに見たなかでも最も進化したモバイルチャットアプリの1つを提供しているということは事実で、素晴らしいことだ。だが、アジアで人気のあるチャットアプリに慣れ親しんでいる人にとっては、MessageMeに革新的なものは1つもない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------