日本のゲーム開発会社バンダイナムコ、シンガポールにスタジオ開設予定

SHARE:

namco_bandai_logo_0-300x300日本のゲーム開発・制作会社、バンダイナムコスタジオは海外子会社をシンガポールのOne North地区Media Polisに2013年6月に設立する予定だ。

この東南アジアの新スタジオには日本および現地の専門的人材が配属され、日本や東南アジアのトレンドを基にしたコンテンツの開発を行うことになる。これにより同社は世界中の顧客に開発商品を届けられるような組織構造を確立することができる。

子会社の名称は「NAMCO BANDAI Studios Singapore Pte. Ltd.」で、シンガポール経済開発庁および複数の教育機関と密に連携し、人的資源の開発・確保を行う予定だ。

これにより急速に発展を遂げているシンガポールのゲーム産業がさらに活性化されることになるだろう。さらにNAMCO BANDAI Studiosはこの成長市場における新規顧客を獲得するために同社の開発施設を最適に展開することを検討している。

また、「夢・遊び・感動」を世界中の人々へ提供するという同社のミッションに沿ったコンテンツを開発するために、コンテンツ開発費を最大限利用することも視野に入れている。

バンダイナムコがシンガポールへ進出することを決定した理由には、作成するコンテンツを定義する上でのシンガポールの地理的重要性がある。また、同社の戦略的パートナーの多くが東南アジア地域に拠点を置いており、シンガポールに基盤を築くことによってそれらパートナーとの関係の強化を図ることができる。

今回の東南アジアへの展開はカナダのバンクーバーへの海外進出と併せて行われた。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------