メッセージアプリWeChat(微信)、海外ユーザ数7000万人突破とサードパーティへのプラットフォーム開放を発表

SHARE:

wechat

先日開催された「2013 Tencent Partner Conference(腾訊合作伙伴大会)」で、Tencent(腾訊)のMartin Lau(劉熾平)総裁はWeChat(微信)の海外ユーザ数が7000万人に達したことを発表した。

海外ユーザ5000万人の達成が発表されたのは、ついこの前の5月のことだ。同サービスのユーザ総アカウント数は2013年1月に3億を超えている。

さらに、Lau氏は先日、Tencentの既存オープンプラットフォームでWeChatをすべてのサードパーティデベロッパーに開放し、彼らの海外進出を支援するとも述べた。

現在新たに加わったのは主に東南アジアとラテンアメリカのユーザだ。WeChatはこれまでに、タイ、インド、インドネシア、フィリピン、シンガポール、メキシコなどに進出しており、アメリカにもオフィスを開設している。

このモバイル音声メッセージアプリは、2011年1月に中国本土でローンチされた。英語版は同年10月にリリースされ、2012年中頃にサービス名をWeChatに変えた。今では18か国語に対応し、200以上の国・地域を網羅している。

WeChatは中国で急成長しているモバイルインターネットサービスの1つであるだけでなく、中国国外への市場進出にも成功している数少ない中国発のインターネットサービスの1つでもある。

WeChatチームは今、主要なアップデートとなるバージョン5.0に取り組んでおり、このアップデートはモバイルコマースとユーザインタフェースに大きな変革をもたらすと言われている。WeChatの幹部Zhengming氏は、この新しいバージョンには決済サポートが導入されることを認めている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------