クラウドソーシングの健全利用を促進する業界団体「クラウドソーシング協会」を設立、7月には「第1回クラウドソーシングサミット」を開催

by Eguchi Shintaro Eguchi Shintaro on 2014.5.15

cloudsorcing

<ピックアップ>クラウドソーシング業界の活性化と健全な発展に貢献する【クラウドソーシング協会】

日本でも利用者が広がってきたクラウドソーシング。一般への認知が広まり、プレイヤーが増えてくることなどによる、トラブルの発生などは回避したいところ。そこで、ランサーズやクラウドワークス、パソナテック、ライフネス、リアルワールドなどが理事となり、クラウドソーシング活用促進や業界全体の健全利用を目指した業界団体として、一般社団法人クラウドソーシング協会を設立しました。

2013年11月には事前説明会が行われ、100社を超える企業や団体が参加するなど、クラウドソーシング市場全体に対する期待と、業界全体に対する取り組みがより一層求められてくるのは間違いありません。団体設立と同時に、7月には「クラウドソーシングサミット」を開催予定としており、協会主導でイベントやセミナーなどの活動も行っていくようです。

クラウドソーシング協会と同じように、クラウドファンディングサービス事業者による業界団体である「クラウドファンディング協会」が設置され、事業者間の情報交換やノウハウ共有といった取り組みが行われているように、この数年で盛り上がりを見せているさまざまな市場において、市場の健全化と促進を図る動きが活発化しています。こうした動きにも注目してみたいと思います。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------