イベント検索アプリのFever、FlickrのCEOなどから300万ドルを調達

SHARE:

Fever_—_Enjoy_the_best_plans_in_your_city_

<ピックアップ> Event Discovery App Fever Gets $3M Seed Funding From Flickr’s CEO And Other Investors

こちらもまたまた、という印象のあるイベント検索アプリのFeverが300万ドルの調達に成功したという話題から。出資者にはFlickrのCEOであるBernardo Hernandez氏やTwitterの初期投資家などのエンジェルたちが並んでいます。Feverの創業は2012年、スペインはマドリードに本社を構えるヨーロッパ系のサービスですね。

ただ、ここは大御所となってしまったEventbrite(国内でいえばPeatixですね)をはじめ、こちらにリストアップされている通り、数多くのイベント検索、チケット販売サービスがひしめき合っています。記事によればレコメンドで対抗するとのことですが、さて、こちらも市場規模を睨みながらの需要と供給のバランス勝負に思えてきました。

via TechCrunch【Google翻訳】