テディベアを3Dプリンタで作る技術をディズニーとカーネギーメロン大学が開発

SHARE:


Printing Teddy Bears

Disney Research とカーネギーメロン大学の研究者が、フェルト製のテディベアをプリンティング可能な3Dプリンターを開発した。一体のプリントにかかる時間は数時間だという。

素材に用いているのは毛糸。この糸を編んでいくことで、表面をフェルト状にする。

Teddy Bear Printing

カーネギーメロン大学の Human-Computer Interaction Institute の Scott E. Hudson氏によるリサーチペーパー(PDF)に同プリンターの詳細な仕組みが記述されている。

このプリンターでは一回のプリンティングで一体のテディベアが完成するわけではなく、編み出したフェルトを針を使って縫い合わせていくことで形を整えていく。以下は実際にテディベアを生み出す過程を紹介する映像だ。



BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録