Makuakeがゲームクリエイター稲船敬二氏とともにインディーズゲーム開発者を支援する共同プロジェクトを実施

SHARE:

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」は、ゲームクリエイター稲船敬二氏と、インディーズゲーム開発者を支援し、インディーズゲームの振興を図る共同プロジェクトを実施することを、2014年9月20日に開催された「Indie Stream Fes2014」で発表した

この取り組みは、インディーズゲーム開発者が「Makuake」を通じて資金調達を実現し、ユーザの意見を聞きながらユーザとゲームを共創するとともに、ソニー・コンピュータエンタテインメントと協力し、有力なインディーズゲーム開発者を求めるパブリッシャーや、投資家を繋げるマッチングの場を提供するなど、インディーズゲームの振興を目的としている。

33_aaa111

稲船氏は、2013年10月に米国大手クラウドファンディングプラットフォーム「KickStarter」にて新作アクションゲーム「Mighty No .9」の開発費用を集めるためのプロジェクトを実施し、約4億円の資金調達に成功した実績を持つ。日本国内では当社が運営する「Makuake」において、日本語版フルボイス実装のための制作費を調達するプロジェクトを2014年10月末まで実施している。

「Makuake」で資金調達を行ったインディーズゲーム開発プロジェクト「Airship Q」が、Cygamesからプロジェクトの開発費及び宣伝費として総額7,000万円規模の資金調達に成功した事例もある。

以前本誌ではオリフラムというゲームデザイナーチームがスタートアップを立ち上げ、自分たちのゲームを開発中であることをお伝えした。ゲームの開発の仕方も多様になってきており、それぞれが持つ経験や強みに合わせた開発の仕方が生まれつつある。

インディーズゲームが盛り上がりを見せ、魅力的なゲームが生まれやすくなっていくことは、1人のゲーム好きとしても喜ばしいことだ。