Linux財団がドローンソフトウェア開発プログラム「Dronecode」を開始

SHARE:


dc_slide_intro

ここ数年でドローンの開発競争は激化し、我々も手軽に製品を手に入れられるようになった。その流れは今後も続いていくと考えられるが、近いうちに「自作のドローン」というジャンルが確立するかもしれない。

followme_bici_1

先日Linux財団が発表したのは、ドローンソフトウェアの開発を推進していく「Dronecode」というプロジェクト。Make:Japanによれば3D RoboticsのCEO、Chris Andersonいわく「これは大規模なドローンの活用を目指している」という。

ここで開発されるものは大きく分けて3つあり、同じくMAKE:Japanによれば

3DRがスポンサーとなっているAPM(コプター、飛行機、車両に内蔵されたコントローラーのための自動航行ソフトウェア)、MissionPlanner、DroidPlanner(ノートパソコン/Androidベースの飛行経路管理)、そしてMavLink(飛行情報の通信)が含まれる。また、3D RoboticsのPixhawkフライトコントローラーに採用される最先端の自動飛行技術、PX4 projectも視野に入れている

とのことだ。

alt_slide_dev_page

こうしたオープンソースソフトウェアの開発がすすめば、ドローン開発のコストが下がり、入手しやすくなるだけでなく、自作を含め多様性も生まれることだろう。