Startup Asia Jakarta 2014のピッチ・コンペティション、優勝はインドネシアのクラウド農業iGrowが獲得

SHARE:

startup-arena-award-presenting

11月26日〜27日の2日間、ジャカルタ市内で Tech in Asia が開催するスタートアップ・イベント「Startup Asia Jakarta 2014」が開催された。このイベントのピッチ・コンペティション「Startup Arena」に参加した9つのスタートアップのうち、優勝はインドネシアのクラウド農業サービス「iGrow」が獲得した。

iGrow はインターネット越しに農作物を育てることができるプラットフォームだ。都会では農業を営むことができないユーザが、iGrow を介して資金をスポンサードし、遠く離れた農園で農作物の栽培を依頼することができる。インドネシアには多くの使われていない土地があるため、遠隔でバーチャルに農業が営めるサービスは、環境保全などの観点などからも非常に意義深い社会起業(social entrepreneurship)なのだという。

igrow-farmland
iGrowが確保している農地。

投資した資金によって、農作物からは収穫売上が得られる。ユーザはその収穫売上の40%を手にすることができ、残りの60%はその後の農作物の育成のために使われる。

このサービスは、6,000万人いるというインドネシアの中級クラスの都市生活者をターゲットにしており、iGrow は既に自前の農場も持っているという。収穫売上に応じた投資のリターンが得られるまでの時間は、育てる農作物が育ち出荷できるまでのサイクルのスピードによるとのことだ。

この分野では、筆者の知る限り、日本では愛媛県に本拠を置くテレファームが、似たようなビジネスモデルを展開している。

THE BRIDGE では追って、Startup Arena に参加した iGrow 以外の8社のスタートアップと、Startup Asia Jakarta 2014 で設置された特別ブース Meet the Media にインタビューを受けに来てくれた7社についても詳細をお伝えする予定だ。乞うご期待。

igrow-founders
(左から)iGrow の CTO Andreas Senjaya と CBDO Mochammad Auditya Brilliant
----------[AD]----------