「眠っているアート、オフィスのインテリアに貸し出します」ーーClubFm(クラブエフマイナー)がローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.12.8

clubfm_featurediamge
ClubFm ユーザのオフィスに飾られたアート作品。

絵画など現代アートのレンタル・販売を手がけるスタートアップ、東京のFm(エフマイナー)は先週、アート作品のオフィス向けレンタルサービス「ClubFm(クラブエフマイナー)」をローンチしたと発表した

このサービスは、アーティストのアトリエやギャラリーで休眠資産となっているアート作品を月額4,800円でオフィスに貸し出すもので、展示してあるオフィスの従業員やサービスの利用者は、別料金を支払うことで気に入った作品を購入することができる。

すでに、リクルートマーケティングパートナーズ、3Dグラフィックデザイン会社のデイジー、西村あさひ法律事務所などがサービスを導入しており、これらのユーザからは好意的な反応が返ってきているようだ。

アーティストが自身の作品を喫茶店などで展示販売しているケースはよく見受けられるが、ClubFm の特徴は、特定のアーティストに限らず、複数のアート作品をローテーションでき、オフィスにいながらにして楽しめる点だろう。アーティストから見れば、これまでに無かった新たな宣伝・販売チャネルが確保できることになる。ClubFm には、これまでに30名のアーティストの参加が決定、約200作品を取り扱っているが、2015年6月までに1,000作品、2016年までに20,000作品を取り扱いたいとしている。

Fm は、経済産業省/シカゴ大学 MBA 出身の森田博和氏と、東京画廊+BTAP出身のギャラリスト佐々木真純氏が2013年に設立したスタートアップ(前身はアメリカ法人で Origami)で、同年には経済産業省の「新事業創出のための目利き・支援人材育成等事業」に採択、今年8月には東京・恵比寿にギャラリースペースをオープンしている

アート作品の市場は世界で約560億ドル(2012年)に上るが、これに占めるオンライン流通割合は1.5%と少なく、5年で2倍(約20億ドル以上)まで拡大すると予測されている。Fm では ClubFm のローンチを、アーティストとアートの買い手のオンライン・マッチング・プラットフォームの開発への足がかりにしたいとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------