謎に包まれる Magic Leap が取り組む、網膜ベースの仮想現実技術

SHARE:

magic-leap-screenshot

Magic Leapは人の網膜上で画像を光らせ、現実世界とファンタジーを融合する拡張現実を作り出すという微小な3D技術に取り組んでいる。

Rachel Metz氏がMIT Technology ReviewでMagic Leapについて書いた記事では、謎に包まれるこの会社(昨年10月にGoogleから5億4200万米ドルを調達したスタートアップ)が実際に取り組んでいるものは何なのか、また、他の仮想現実のプロジェクトとどう違うのかについて説明した。SonyのMorpheus、FacebookのOculus Rift、MicrosoftのHoloLensといった仮想現実および拡張現実技術と競合するものになるだろう。

「Magic Leapは従来の立体3Dに変わる方法を考え出しました。それは人が通常何かを見ているときに視界を妨げるものではありません」と彼女は書いている。「Magic Leapのオフィスで、モンスターやロボット、人体頭部の標本の画像がくっきりと描画されているのを見て私が思い描くのは、遠く離れた家族とビデオチャットをするときに、まるで彼らが私のリビングルームに座っているかのように見え、逆に彼らにも私が目の前に座っているかのように見える未来です。あるいは、バーチャルツアーガイドと一緒にニューヨークの街を散歩して、通りの建物の上に過去の様子が重なって見えるようなことも想像できます」

彼女はその体験を「映画を見ているときにまるで登場人物が目の前にいて、物語に合わせてその登場人物の後をついていける」ようなものだと書いている。

Magic Leapはフロリダ州のDania Beachを拠点としており、SF作家のNeal Stephenson氏を「未来研究のチーフ」として雇用している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------