地域の起業家・IT人材の育成に向けてーー動画学習のスクーが福岡市スタートアップカフェと提携

by Junya Mori Junya Mori on 2015.4.9

schoo startup cafe

動画学習サービス「schoo(スクー)」を提供するスクーが、福岡市スタートアップカフェと提携を発表した。福岡市スタートアップカフェは「スタートアップカフェクラブ」の会員に対して、スクーのプレミアム会員機能を提供する。

福岡市スタートアップカフェは、動画学習コンテンツをスタートアップカフェクラブの会員に提供することで、IT ⼈材や起業家の育成に役⽴てる狙い。

スクーの「スタートアップ学部」では、IT領域での起業を⽬指す人材向けに、ビジネスアイデアの発想から、サービスの⽴ち上げ、1億円の資⾦調達を完了するまでを学習する映像コンテンツとして、起業の第⼀線で活躍する先生を招き、これまでに約200の授業を開講してきた。

schoo startup

福岡市は、2014年に国家戦略特区「グローバル創業・雇⽤創出特区」として政府の指定を受けた。取り組みの⼀環として福岡・天神のTSUTAYA内に「スタートアップカフェ」を開設。開設から半年が経過し、複数のスタートアップ企業とのパートナーシップ提携を発表している。

スクーは、先月企業や学校法⼈などが団体で契約可能な「ビジネスプラン」をローンチしている。企業の社員研修や福利厚⽣として導入してもらうだけではなく、今回の福岡市のように創業⽀援に⼒を⼊れている地⽅⾃治体や、IT⼈材を育成したい学校法⼈などでも導⼊を進めていく予定だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------