タイ発のハンドメイド・マーケットプレイス「Blisby」が、DeNA、East Ventures、500 Startupsから30万ドルを資金調達

SHARE:

blisby_screenshot

タイ発の東南アジア向けハンドメイド・マーケットプレイス「Blisby」は今日、DeNAEast Ventures をリードインベスターとするラウンドで30万ドルを調達したと発表した。なお、このラウンドには、500 Startups の東南アジア/タイ向け地域特化型ファンド 500 Durians と 500 Tuk Tuks も参加している。

Blisby は2013年11月にローンチし、3月現在の閲覧数は100万ページビューで、月間アクティブユーザは35万人。毎月20%のペースでユーザを増加させている。今回調達した資金を使い、Blisby は東南アジアのタイ以外の近隣市場への国際展開を図る。

Blisby を創業した Phuvadol Thongthavorn 氏アメリカ生まれ、Blisby 以前は、Yahoo! や Sony での勤務経験を持つ。2010年にカリフォルニアからニューヨークに移住しようとしていたとき、タイの伝統儀式に沿って出家のためにタイに短期帰国。この際に受けた体験がきっかけとなり、ニューヨークに戻ることをあきらめ、長年 Thongthavorn 氏が見てきたタイのコンテンポラリーアートを事業化すべく、タイで Blisby の事業を始めるに至った。

この分野には、アメリカの Etsy や Fab をはじめ、台湾の Pinkoi、日本の Anders/Creema、tetote、minne、iichi など数多くのライバルが存在する。Etsy は4月15日に NASDAQ に上場する予定で、ニューヨーク発のテック・スタートアップの上場としては16年ぶりに規模の大きなものになることが期待されている。

<関連記事>

----------[AD]----------