総務省統計局とオンライン動画学習サービス「schoo(スクー)」がコンテンツ連携、国勢調査をテーマにした授業の提供へ

by Junya Mori Junya Mori on 2015.7.3

スクリーンショット 2015-07-03 10.52.44

インターネット生放送を用いた動画学習サービス「schoo WEB campus」を運営するスクーが、総務省統計局と共同でコンテンツを配信することを発表した。

配信されるのは、「国勢調査」をテーマとした特別授業。帝京大学や明治大学の教授を講師として招き、「国勢調査」の概論やデータ等を交えて授業を提供する

総務省は、「国勢調査」を本年 10月1日を調査期日として実施する。その周知の一環として、今回の授業を共同で開講するに至った。「国勢調査」がインターネット回答を受け付けるのは今年が初めて。

somusho_pic1

「今回の「国勢調査」では 1 千万世帯以上がインターネットで回答することが予想されており、実現すれば世界最大級の規模となる」と総務省はコメントしている。

今回の授業では、国勢調査の必要性や、2015 年から全国一⻫に導⼊されるインターネット回答という新たな取り組みについて解説が行われ、受講⽣からのコメント・質問を受け付ける予定だ。

スクーはこれまでにも、経済産業省とコンテンツ面で連携をした過去がある。その際は、クールジャパンについて参加型で学べる授業を開講した。

多くの人にとって聞いたことはあるものの、周知が十分ではない取り組みや制度は数多く存在している。「schoo WEB campus」が、より多くのプレイヤーと連携し、様々な取り組みの理解促進の場になっていくことに期待したい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------