世界57都市で展開するUberの競合が、サージプライス分のクレジットを提供する「Surge Sucks」を実施

SHARE:

Uber

<Pick Up> A startup that’s going after Uber will pay back your surge-price receipts for you

ヨーロッパの各都市やニューヨークなど57都市で展開するイスラエル発のUberの競合サービス「Gett」。なかなか挑戦的な広告やキャンペーンで知られる同社が新たに仕掛けるのが、「Surge Sucks」と呼ばれるキャンペーン。

Uberのいただけないものの一つに、surge pricing(需要に応じて割増料金を設定する仕組み)がある。金曜の夜などみんながUberを呼びまくる時間帯は、通常5ドルで行ける場所が2、3倍に。当然と言えば当然だし、運転手が運転し続けるモチベーションにもなるから必要な機能ではある。

11月10日を皮切りにGettが始めるのが、ニューヨーク都心部の顧客に対してUberのサージ中のレシート分のクレジットを提供するキャンペーン。例えば、95.79ドルのUberのレシートを提供すると、それが100ドルに切り上げられてGettクレジットとして受け取れる。Lyftのレシートにも同様に対応するとのこと。

今回のキャンペーンは、Uber自体も競合に対して実施しそうな内容。Gettは過去に、シャンパンのデリバリーやタトウーのサービスを提供するなど個性派キャンペーンを実施している。

via. Business Insider

----------[AD]----------