成長は続く、WeChatの月間アクティブユーザー数は6億5000万人に

SHARE:

中国Tencentの人気メッセージングアプリ、WeChatの成長はまだ終わっていないようだ。月間アクティブユーザー数(MAUs)が今年の6月に6億人を突破した後、Tencentは本日(原文掲載日時が11月10日)、WeChatのMAUsが6億4950万人に到達したことを発表した。これは9月終わり、第三四半期の数字だ。

同社の最新決算レポートによると、WeChatは最新の情報で、2014年の第三四半期に比較して39%の成長を示しているとした。しかし、今回もそのユーザーがどこにいるかという詳細については触れられることはなかった。このことはこの成長が目を引くマーケティング活動をやっているインドや東南アジア全域、そしてラテンアメリカの一部、もしくは中心となる中国で発生しているものなのか、判断しづらくしている。

WeChats-growth-continues-hits-650-million-users

Tencentは第三四半期に中国のユーザーがWeChatをオンラインショッピングや、WeChat Payによる店頭支払いを利用したことが大きな後押しとなったとしている。先月、Apple Payのようなキャッシュレス取引のWeChat Payは中国のさまざまな店舗で使われ始めた。WeChat PayはQQ Pay(QQはTencentの旧型メッセージングアプリでMSNメッセンジャーに似たようなもの)と同類で、同サービスの銀行カードを契約しているユーザー数が2億人以上であることを公表している。

この新たな数字はWeChatの成長がFacebookのWhatsAppのようなサービス(こちらの月間アクティブユーザーは9億人)よりまだ力強いことを示している。ただ、このアプリの成長がまだ止まっていないことはTencentにとって安堵することになるだろう。少しまずいシナリオに直面しているのはLINEの方かもしれない。

Tencentの第三四半期レポートはこちらで確認が可能だ。

【原文】