Google Launchpad Acceleratorにインドから選出されたスタートアップ8社

SHARE:

google-developers-launchpad-accelerator

2016年1月、アメリカで開催される Google の Launchpad Accelerator プログラムのために、インドから8社のスタートアップが選出された。

選ばれたのは、Doormint、Hola Chef、JustRide、Nestaway、Super、Murmur、English Dost、FranklyMeの8社である。

Launchpad Accelerator は、インド、ブラジル、インドネシアから選ばれたスタートアップをつなぐための Google の取り組みである。このイベントは Google 本社のある Mountain View にて2016年1月18日より始まる予定だ。

それらの国からのスタートアップ合計24社が同プログラムに招待される。

イベントに参加する企業は、2週間におよおぶ徹底的な指導プログラムを受ける。またそれぞれに25万米ドルと、エクイティのないシードファンディングとして、5万米ドルが提供される。これにはもちろん Google Maps や Google Adwords のような Google 製品へのアクセスも含まれている。

参加企業は自分たちの選んだ都市に構えるオフィスについても資金援助を受けられることになっている。

イベント期間中、企業は Google チームから製品のライフサイクルを学び、成長領域あるいは成長ギャップを見極められるようになる。

このプログラムは同社の Launchpad によるイニシアチブを元として作られたもので、将来有望なスタートアップらにGoogle リソースを活用してメンターから学ぶ機会を提供し、彼らの製品を促進することを約束した長期にわたる取り組みである。

スタートアップ8社の概要は以下の通りだ。

  • Doormint:都市部でのオンデマンドランドリーサービス。現在ムンバイ、バンガロール、グルガーオンで経営している。
  • Hola Chef:厳選されたシェフの作った料理を、顧客の好きな時間帯に配達する。
  • JustRide:レンタカーサービスのオンライン集客。
  • Nestaway:住宅賃貸ネットワーク。 オーナーがオンラインでテナントに賃貸できる。オーナーとテナント両方のマッチングから賃貸後までをアシストするサービス。
  • Super:職場を見つけて評価し、ごく簡単なインタビューまで即座にできるモバイルアプリ。
  • Murmur:ミレニアル世代をターゲットとしたトレンド中心のメディア用テクノロジープラットフォーム。個人の好みにカスタマイズ・ブレンドした写真、動画、GIF、ニュースやブログなどを提供する。
  • English Dost:就職活動中の若いインド人をターゲットとした英会話学習モバイルアプリ。
  • FranklyMe:ビデオフィルターを通して簡単に美しい動画で自分を表現でき、どんなプラットフォームにでも共有できるアプリ。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------