インド、Androidアプリのダウンロード数が世界第4位、巨大モバイル市場のポテンシャルを実感

by Rick Martin Rick Martin on 2012.11.8

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Google(NASDAQ:GOOG)は、インドのAndroidデベロッパーは有料アプリ、アプリ内商品、そして定期購読をGoogle Playで販売することができると発表した。デベロッパーは銀行口座から月単位の収入を受け取ることができる。

これは、インドのAndroidスマートフォンユーザは、10月25日以降インド通貨ルピーでアプリを購入できるようになったという先日のニュースに引き続く。

またGoogleは、インド市場におけるAndroidの普及状況について、信じられないような数字をいくつか明らかにした。インドはアプリのダウンロード数で世界第4位の市場で、加えて昨年、デバイスのアクティベーション率は400%アップしている。日本と韓国のダウンロード数はそれぞれ第2位、第3位で、(発表はされていないが)恐らく、アメリカが第1位だろうと推測される。

アナリストのChetan Sharma氏は、インドはモバイル加入者数は2位(中国に次ぐ)だが、データ収入やデータ使用についてはトップ10にも入っていないと5月に述べていた。だから、Googleから、時代はついにスマートフォン側に追いついてきたというニュースを聞くと元気づけられる。

Tapjoyから数週間前に届いた2012年のデータでは、インドは、国民がiOSよりAndroidを好む傾向があるアジア諸国の1つである、としている。

Googleの「Our Mobile Planet」調査を見てみると、インドのスマートフォンユーザは他の国の人達よりも電話機器に対するこだわりを見せており、調査を受けた人のうち49%がテレビとスマートフォンのどちらかを取るならスマートフォンを取る、と答えている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------