ユーザー数200万人、中古品の買取価格比較サイト「ウリドキ」にiOSアプリが登場

SHARE:

ゲームから家電まで手放したい中古品の買取価格を比較できる「ウリドキ」。2016年1月末時点で140万人だったユーザー数は、今では200万人に。また、掲載商品数273,000件に対して、565,470件を超える価格数が掲載されています。

これまでWebサイトとして展開してきたウリドキが、新たにiOSアプリをリリースしました。

Uridoki-app Uridoki-app-sell
スマホアプリでは、ユーザーにとって最大の目的である「買取価格の比較」を小さな画面内で達成しやすいデザインを工夫しました。例えば、1列で表示していた大カテゴリーページを2列に変えることで、ユーザーのスクロールの量を削減。また、ユーザーが最初から絞り込めるように、後方にあった関連カテゴリーを最上部の目立つ位置に移動するなどしています。

中古品を手放す先を探すウリドキユーザーの一番の関心ごとは、その中古品を最高値で売ることです。様々なショップで商品の買取価格を比較した後に、また最高値のショップに戻るのはなかなか手間です。そのため、一番最高値のショップにすぐに戻れるように、ページの下部にランキング1位のショップ・買取価格・ショップへのリンクを設置しました。

ユーザーにとっての使いやすさが重視されたモバイルアプリの登場で、移動中などちょっとした隙間時間に買取価格をさくっと調べることが可能になり、今後いっそう多くのユーザーがウリドキを活用していくことが期待されます。

----------[AD]----------