トランプ当選という驚異の米大統領選の結果を受けて、移民が創業した「eBay」CEOが社員に送ったメッセージ

SHARE:
CEOのDevin Wenig氏(image via. Flickr)
CEOのDevin Wenig氏(image via. Flickr

<ピックアップ> Here’s the memo eBay’s CEO just sent to staff in the wake of Donald Trump’s vistory

今回の大統領選に関して、ヒラリーキャンペーンに2,700ドルを寄付しているeBayのDevin Wenig氏の立ち位置は明らかだったが、これまで公の場で議論をすることを避け、結果が出るのを静かに待ってきた。

先週、ドナルド・トランプが当選したことを受けて、彼はグローバル社員全員に向けてあるメッセージを送った。そこには、「eBayは、境界をつくるのではなく、それを取り除くテクノロジープラットフォーム」だとあった。

トランプ大統領の反移民の姿勢と移民政策に対しては、「eBayという会社そのものが、移民(フランスで生まれた起業家 Pierre Omidyar)によって創業されたサービスだ」とコメント。

シリコンバレーでも声高に叫ばれるダイバーシティ(多様性)問題については、以下のように触れた。

eBayは、立ち上げ当初から包括的で公平で、世界貿易によって促進され、また中小企業の起業家精神に後押しされたマーケットプレイスを築いてきました。世界中のオフィスに出向くことで、私は無数の国籍やバックグラウンドを持つ人々と交流する特権に恵まれています。この多様性こそ、私たちの事業を促進する上で最も貴重な資産の一つです。

 メッセージは、目の前のことを精一杯やるしかないという社員への激励で締めくくられている。

ホリデーシーズンを目前に、私たちにはやるべきことが沢山あります。私たちは手元にあるタスクに集中しなければいけません。我が社は正しい方向に向かっています。私たちが2016年に着手したことを最後までやり遂げるには、全員の努力が必要です。それが、2017年を加速することに繋がります。

政治の季節は移り変わりますが、私たちは自分たちが何者で、なぜ存在し、誰に奉仕しているのかを忘れてはいけません。

メッセージの全文は、Recodeに掲載されている。Google翻訳で訳してみてほしい。

via. Recode

----------[AD]----------