転職支援プラットフォームのgrooves、元インターワークスの雨宮玲於奈氏とアドテクスペシャリストの伊東裕揮氏を顧問に招聘

SHARE:
左から:伊東裕揮氏、grooves 代表取締役 池見幸浩氏、雨宮玲於奈氏

転職支援プラットフォーム「Crowd Agent(クラウドエージェント)」を展開する grooves は2日、雨宮玲於奈氏と伊東裕揮氏を顧問に招聘し就任したことを発表した。

雨宮玲於奈氏は、リクルートホールディングス傘下の複数企業で代表取締役や執行役員を歴任、2013年にジョインした就職情報サイト・人材採用支援大手のインターワークスでは、同社を東証一部上場に導いた。現在はスマートエージェンシーという会社を設立し、経営顧問や投資活動などを行なっている。

伊藤裕揮氏は、エンジニアとしてオラクルやグーグルを経て、広告マーケティングサービス大手 IPG メディアプランズ内の組織で、取締役や日本市場における責任者を務めている人物だ。

grooves は雨宮氏のHR領域、伊東氏のテクノロジー企業におけるマネジメントなど、両者の豊富な経験・知見を取り入れることで、HR 領域の盤石なインフラとして、より事業の拡大を目指したいとしている。

grooves はこのところ、地方における転職市場を開拓するために地方銀行各行との資本提携や協力関係を加速させている。最近では、広島銀行、大分銀行琉球銀行の関連企業との提携を発表した。客付けの人材紹介会社(求人企業を担当)と元付けの人材紹介会社(求職者を担当)を結ぶ求人情報流通システム「JOINS」を核とした人材紹介会社のネットワーク形成に注力しており、これからの半年で社員数を1.5倍規模(概ね 100名超と考えられる)にまで増やしたいとしている。