スタートアップで回り道したくない人が考えるべき3つのポイント【ゲスト寄稿】

silhouette of man standing against black and red background
Photo by Elti Meshau on Pexels.com

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。エンジェルと起業家による勉強会「Ask the Angel」も定期開催中

残念ですが、スタートアップ・エコシステムには企業のような明確なルールがありません。法律違反は論外ですが、グレーゾーンで自らの正義を語る困った支援者も事実、存在します。

ブレイクスルーしたアイデアというのは非常に貴重です。何度も何度も打席に立ってようやく見つける人もいれば、アッサリと第1打席でHRを放つ人もいます。しかし、いくらアイデアを見つけたとしても、その後のフローに間違いがあればそれは実を結ぶことはないのです。

せっかく世の中を良くするアイデアを見つけてくれたのであれば、それをみんなで大きくすることで雇用も生まれるし、経済も回ります。どこかの誰かのために機会損失するのはもったいないのです。

ではどうしたらいいか?3つほど方法がありますのでそれぞれ少し説明させてください。

  • 起業家が情報の非対称性に気づく
  • 信頼できるメンターとマッチングする
  • ネットワークを自ら発見して参加する

1:情報の非対称性とは

スタートアップエコシステムは起業する側と支援する側に大きく分かれます。そしてここには重要なポイントとして「両者の利益は最終的に相反する」という命題みたいなものがあります。(※特に株式による育成で)

さて、この相反の箇所ですが、実際にこうやって文字に書かれて「アー」と理解できる人は恐らく自分もどちらかの立場で経験したことのある方です。

これが情報の非対称性の典型例です。

当然ながらそのバランスは投資家の方が有利になります。彼らはあらゆるパターンでポートフォリオを組みますので、やってきた起業家がどの部類に当てはまるのかある程度理解することが可能なのです。

で、これそのものが悪いわけじゃありません。これを悪用するパターンが最悪なのです。最終的に株式を有利な条件で売却するために、起業家が損をすると知っていながら情報の非対称性を悪用して知らせない。そんなのフェアじゃないですよね。

これがまず知っておくべき情報の非対称性という落とし穴です。

2:信頼できるメンターとマッチングする

情報の非対称性を知りつつ、若い起業家を導いてくれるのが信頼できるエンジェル投資家です。

ところでスタートアップにおける「信頼」とは何でしょうか?私はそれぞれの正義に嘘偽りがなく、誠実に伝えてくれることだと理解しています。起業や投資などの世界に存在する人たちは基本的なスペックが恐ろしく高いです。そもそも「常識」に囚われていないからこそ世の中をひっくり返せるわけで、それなりの信念がなければトップは取れません。

しかしこの「信念」が実は曲者で、ある人にとっては正解でも、ある人から見ると邪悪そのものに映ったりすることもあるのです。ここに答えはありません。しかしそれを誠実に伝えてくれていれば、自分が人生を共にすべきかどうかは理解できます。

信頼できるエンジェルとは、自分と価値観を共有できる人とも言い換えることができます。価値観が一緒であれば、役割としての利益が相反する状況を迎えても、一緒にそれを解決することができるのです。

3:ネットワークを自ら発見して参加する

では最後に。このエンジェルがどこにいるか、です。

スタートアップエコシステムは「村」と称されることもあるように、非常に小さなネットワークがいくつも繋がって形成されています。実はこの中心には起業経験のあるエンジェルだったりベンチャーキャピタルなど、資本家がいることが多いのです。

これらを探し出すポイントはシンプルで自分から行動することにあります。

どのネットワークにも必ずノードになるイベントやキーマンが存在し、そこにアクセスできるかどうかが問われます。アンテナ高く情報を収集しているか、然るべき人と出会ってるか、そういった行動がない人はいつまでたってもこのネットワークに入ることはありません。

逆に向こうから誘ってくるようなネットワークには良いものがないと心得るのが得策です。

Ask the AngelとANGEL PORT

今回企画したAsk the Angelは、これら3つのポイントを盛り込んであります。特に3人のエンジェル投資家(ママリの大湯俊介さん、フリルの堀井翔太さん、Candleの金靖征さん)にオフレコで率直な実態について聞けるテーブルミーティングの時間は起業家の情報非対称性を解消してくれる時間になると思います。

また、時を同じくしてオンラインでもコミュニティが立ち上がってます。今回参加してくれる堀井さんがFRIL創業メンバーで立ち上げたANGEL PORTは、グローバルではAngelListが有名ですが、私たちと似た理念でサービス設計されているとお聞きしています。

どちらもこれからの日本のスタートアップ・エコシステムを考える上で必要なピースになると信じて運営されていますので、熱意ある方のご参加をお待ちしております。

----------[AD]----------