ジャカルタ発のブロックチェーン対応分散型仮想通貨ゲームプラットフォーム「PlayGame.com」、ハードキャップの6億PXGを集めICO完了

by e27 e27 on 2018.11.24

Image credit: PlayGames.com

ジャカルタに拠点を置く、分散型仮想通貨ゲームプラットフォーム「PlayGame.com」は、プラットフォーム「Tokenomy」上で ICO を実施し、トークン発行数は6億 PXG に達した。ICO のプレセール期間は9月10日から9月23日、パブリックセール期間は9月24から10月23日で、ETH、BTC、TEN が使用できた。公式な終了の2日前には配布上限である6億 PXG に達した。

今回の取引レートは、プレセール期間中で1 ETHあたり1万8,000 PXG、パブリックセール期間中で1 ETHあたり1万5,000PXGであった。

PlayGame.comはブロックチェーン対応のゲームプラットフォームで、開発者が頻繁に直面する透明性のなさや著作権侵害の問題、非効率な支払い、計算、配布といった問題を克服しようとしている。PXG を使うことで、ゲーム開発者とプレイヤーはすべての活動とトランザクションで透明性が保証される。

PlayGame は現在、新たに獲得した資金でビジネスをさらに加速させようとしている。同社は2018年11月末までにウォレットサービスをローンチする見込みだ。また、仮想通貨による決済代行、アカウントサービスやウォレット、トラストプロトコル、ベータ版 SDK を備えた総合的なサービスを2019年1月までにローンチする予定である。

来年の第3四半期までには PXG のバーチャル自販機とともに、世界レベルでの展開を始める予定。

<関連記事>

PXG はスマートコントラクトプラットフォーム機能を備えた ERC20 仮想通貨トークンである。ゲームパブリッシャーや開発者、仮想通貨ファン、そして世界中のゲームコミュニティはPXG を使って、手数料を引かれることなく仮想通貨で収益を上げることができる。

同社によると、HTML5 で は初めてとなるデバイスフリーのゲームプラットフォームで、プレイヤーは HTML5 ゲームをどんなデバイスからでもプレイできる。さらに、ゲームをダウンロードする必要すらない。

PlayGame.com の CEO である Anton Soeharyo 氏は言う。

私たちは CPI(1インストールあたりの広告コスト)戦争における健全な競争を活用します。そこではインディーズのスタジオとタレントが協力して、長期にわたる開発期間の中で無料でプレイできるゲームを開発することができます。これは大手のゲームスタジオが抱えている、減り続けるプレイヤーと収益という問題に対処するための方法の1つだと思います。

PlayGame.com は PXG トークンの数に10億という制限を設けている。PXG ユーザはイーサリアム仮想マシン(EVM)からスマートコントラクトの展開と実行を行うことができるだけでなく、仮想通貨の複雑な要求規則を有効にしたり、インセンティブの仕組みを自動化することもできる。

2018年に設立された同社は、2019年末までに東南アジアの未進出地域、日本、韓国、中国にもビジネスを広げていく予定である。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------