クラウド契約書サービス「Holmes(ホームズ)」運営、シリーズAラウンドで5.2億円を調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.11.1

契約書の作成から締結・管理までのワークプロセスを一元化し提供するクラウドサービス「Holmes(ホームズ)」を運営する Holmes は、BEENEXT2、SMBC ベンチャーキャピタル、500 Startup s Japan、青柳直樹氏、青柳直樹氏(メルペイ 代表取締役)、永見世央氏(ラクスル CFO)、Paul Kuo 氏(元クレディスイス証券 CEO)から資金調達したと発表した。調達ラウンドはシリーズ A ラウンドで、調達額は5.2億円。これは、同社にとって2017年10月のシードラウンドに続くものだ。

今回の調達とあわせ、社名をリグシーから Holmes に変更した。調達した資金は、財務基盤を一層強化し「Holmes」のさらなる事業拡大を図るべく。開発およびビジネス人材の獲得に充当し、組織体制の強化に取り組むとしている。

Holmes は2017年3月の設立。クラウド上で契約書の作成・締結・管理までを一貫して行える Holmes を2017年8月にリリースした。弁護士が作成した200種類以上の契約書テンプレートから選択し、クラウド上で直接編集が可能。さらに契約書を当事者間相対で紙の形で持つのではなく、クラウド上で共有することにより、印紙代や郵送費を削減することも可能だ(電子契約の場合、印紙税の課税対象とならないため)。今年6月には、この分野の世界大手である DocuSign との連携を開始している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------