ベゾスも住む町シアトルにマイクロソフトが約540億円の住宅支援、その理由とは

by Taishi Masubuchi Taishi Masubuchi on 2019.1.18

high angle view of cityscape against cloudy sky
Photo by Quintin Gellar on Pexels.com

ピックアップ:Microsoft pledges $500 million to tackle housing crisis in Seattle, Eastside

ニュースサマリー:マイクロソフトは1月16日、本社を置くシアトルにて5億ドル(日本円換算108円で約540億円)規模での住宅整備支援を進めていくと発表した。新興IT企業の業績拡大などにより、米国、特に西海岸を筆頭に住宅価格の高騰が近年問題視されていた。

シアトルには、マイクロソフトを始めとするアマゾンやエクスペディアなどのIT企業本社が集中している。彼らが成功する一方、地元住民は住宅価格上昇の影響を受けてきた。マイクロソフトによると、シアトルが所属するワシントン州Puget Sound(ピュージェットサウンド)における雇用は2011年以降に約21%の上昇を見せているものの、住宅建設は13%程度と伸び悩んでいるという。その影響からか周辺地域における住宅価格は91%の上昇となり、全米で6番目に高い都市となった。

マイクロソフトが今回投資予定の5億ドルのうち、約2億2500万ドルは中所得者向け住宅の保護また建設に、約2億5000万ドルが低所得者向けに充てられるという。残りはホームレス支援団体などに対する助成金として使われる。同社社長を務めるBrad Smith氏、CFOを務めるAmy Hood氏は以下のようにブログ内にて発言している。

「マイクロソフトがコミュニティーの成長なしに成功を収めることはありません。言い換えると、成長性の高いビジネスには”健康的”なコミュニティーが必要不可欠です。そして、”健康的”なコミュニティーに住宅という条件は必須となってきます。マイクロソフトはその関係性を先駆者として開いていく、ユニークなポジションにいると自覚しています」

(執筆:増渕大志)

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------