アジア・中東でVOD提供のiflix、アフリカ事業の「Kwesé iflix」を現地放送サービス大手Econetに売却へ

by e27 e27 on 2019.1.2

2017年11月に発表された、Kwesé iflix 初の自社制作ドラマ「Nganya」のプレミア
Image credit: Kwesé iflix

東南アジアの動画ストリーミングプラットフォーム「iflix」は、アフリカ事業部門「Kwesé iflix」をアフリカ地域の放送事業者である Econet Global Limited に売却することを決定した。売却後も、iflix は視聴者の体験の質を保つため Econet への技術的な支援を続ける。

マレーシアを拠点とする iflix は、2017年6月にアフリカ・サハラ以南地域の市場への参入を発表した。その8か月後、Econet がこの事業部門の大部分の株式を取得し、iflix Africaから Kwesé iflix へと名称が変更された。サービスは東部や南部アフリカにも広がり、スポーツ中継、エンターテイメント番組に加え、国内外のドラマや映画も配信している。

<関連記事>

iflixの共同設立者でCEOのMark Britt氏はプレス声明で次のように語った。

アフリカでサービスをローンチするのは、素晴らしい旅であり、有意義な経験でした。地域パートナーおよびアフリカの大手放送ネットワークである Econet Group への売却は、アフリカ事業部門にとって大きなマイルストーンです。さらにはアジアのコアマーケットにおいて、特にサービスがどんどん拡大しているインドネシア、マレーシア、フィリピンにおいてもiflixの取り組みを強化することにつながります。

Econetにとっては、この買収は家庭へ直接放送を届けるサービスに代わり、デジタルプラットフォームに再び力を入れる事業戦略の一部である。Econet の  CEO である Hardy Pemhiwa 氏はモバイル接続サービスをアフリカの「放送の未来の在り方」だとしている。

iflix は現在、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ブルネイ、スリランカ、パキスタン、ミャンマー、ベトナム、モルディブ、クウェート、バーレーン、サウジアラビア、ヨルダン、イラク、レバノン、エジプト、スーダン、カンボジア、ナイジェリア、ネパール、バングラデシュ、モロッコのユーザにサービスを提供している。

Kwesé iflix は最近、アフリカの通信、メディア、テクノロジーの一大イベント AfricaCom 2018 でデジタルエンターテイメント部門の最優秀イノベーション(Best Innovation in Digital Entertainment)賞を受賞した。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------