インドのフードデリバリスタートアップSwiggy、Uber Eatsの現地事業を取得へ——格安ホテル予約のOYOは、FreshMenu買収に向け交渉中

SHARE:
Image credit: Swiggy

インドのフードデリバリスタートアップ大手の Swiggy が、UberEats のインド事業取得に向けて事前協議をしていると、関係筋の情報として Economic Times (ET)が報じている。バンガロールに本社を置く Swiggy にとって、3月で完了するとみられるこの買収は過去最大規模のものだ。UberEats にとっても国外で事業を売却するのは初めてのケースである。

関係筋によると、買収は株式交換で行われる。これにより UberEats は、現在時価総額33億米ドルの Swiggy の持分を10%保有することになる。報道をみたところ、1,200億ドルにもなる株式公開に向けた準備を UberEats が進めている中にあって、今回の動きは、損失を抑えようとする戦略に沿ったものだといえる。

2014年に設立された Swiggy は、50ヶ所を超える都市に5万ものレストランパートナーを抱える。業界でも最高のリピート率とネットプロモータースコア(NPS)で市場シェアを確保しつつ、半年前に行われた資金調達以降、42の都市に進出して流通総額(GMV)を倍増させた。

昨年12月には、既存投資家で世界的なインターネットエンターテインメントグループの Naspers がリードする10億ドルのシリーズ H ラウンドに関する正式契約を締結した。2017年5月には、Naspers がリードし、既存投資家の Accel India、SAIF Partners India、Bessemer Venture Partners、Harmony Partners、Norwest Venture Partners が参加したラウンドで8,000万ドルを調達した

フードデリバリー業界における他の大がかりな統合事例として、OYO がクラウドキッチンスタートアップの FreshMenu を5,000~6,000万ドルで買収する交渉をしていると ET が別の報道で伝えたものがある。ET に情報提供した人物によると、これにより OYO が1年以上にわたり社内で取り組んできた施策、ホテル全体に及ぶ食事体験の標準化につなげられるという。

2014年に設立された FreshMenu はオンラインのフードオーダープラットフォームで、Lightspeed Venture Partners などの企業が出資している。昨年には TPG、General Atlantic、Temasek Holdings、国内の PE ファンドである Kedaara Capital から7500万ドルを調達する交渉をしているとの報道が流れた。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------