ホテル滞在よりも最大半額、短中期アパート賃貸「Blueground」が2,000万ドル調達ほかーー【今日の調達まとめ読み】

by ゲストライター ゲストライター on 2019.3.13

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。若手起業家の集まるCxO Night定期開催中。資金調達やイベント情報はサイトもしくはこちらでチェックしてください

01_Neutrino
Image Credit: Neutrino

仮想通貨取引所「Coinbase」がブロックチェーン分析会社「Neutrino」を1,350万ドルで買収。独自トラッキング技術を用いて複数のブロックチェーンにまたがる暗号化された情報を分析、ブロックチェーン上の履歴を追跡する技術を有する。現在Neutrino社が分析した顧客データを販売していた疑惑が出ている。- Coinbase Bought Neutrino for $13.5 Million, Acquisition Contract Allegedly Shows

02_Functionize
Image credit: Functionize

ソフトウェアバグを自動修正する「Functionize」がシリーズAラウンドで1,600万ドルを調達。FunctionizeはAWSやBambooなどのクラウドサービスと連携、自然言語処理の技術を用いて開発者がスクリプトを書かずともテスト項目を英語のプレーンテキストで注文できる。API呼び出しや二段階認証、cookieの記録動作確認までを迅速に行い、バグの発見及び修正をサポート。数千ものテストが数分で完了することが特徴で、テスト項目作成から修正にかかる時間を最大90%削減できるという。- Functionize raises $16 million to automate software testing with AI

03_Pie_Insurance
Image credit: Pie Insurance

労災保険スタートアップ「Pie Insurance」がシリーズBラウンドで4,500万ドルを調達。最大2.5万ドルまでのオンライン労災保険を企業向けに提供する。リスク評価、保険料の査定手順を独自技術によって簡易化させ、保険料を平均30パーセント節約させる。- Pie Insurance raises $45 million for workers’ compensation policies

04_Blueground.png
Image credit: Blueground

短中期アパート賃貸サービス「Blueground」が2,000万ドルを調達。1か月から最長5年までの短中期アパート滞在仲介サービスを提供。たとえば短期滞在者はホテル滞在よりも30〜50%コストが抑えられる。同社は過去3年間で売上を3倍に伸ばし、現在9都市で1,700件の物件を掲載する。- Blueground raises $20 million for flexible apartment rentals

05_Fictiv.png
Image credit: Fictiv

ハードウェア製造工場マッチングサービス「Fictiv」が3,300万ドルを調達。工業製品のプロトタイプから大量生産までを行いたい顧客と、注文量に対応できる製造設備を持つ業者をマッチングするプラットフォームを展開。3D印刷やウレタンキャスティングなど様々な製造方法に対応しており、200以上の製造業者と連携しているという。- Fictiv raises $33M to be the ‘AWS of hardware manufacturing

06_Voi_Technology.png
Image credit: Voi Technology

スウェーデン発、電動スクーターの「Voi Technology」が3,000万ドルを調達。北欧を中心にスクーターシェアリングサービスを展開。ユーザーはQRコードをアプリを通じて読み取れば電動スクーターを利用できる。ロック解除に1ユーロ、乗車後は毎分ごとの利用に0.15ユーロを支払う。現在14都市で40万人のユーザーを獲得しており、今後はヨーロッパ全域にサービス展開するという。- Voi Technology bags another $30 million to expand its electric scooters across Europe

07_AirAsia.png
Image credit: AirAsia

格安航空会社「AirAsia」が6,000万ドル規模の東南アジア拠点スタートアップ向けファンド設立。スタートアップファンド「Redbeat Capital」を設立し、旅行・ライフスタイル・フィンテック・物流分野のスタートアップに出資するという。出資先スタートアップはAirAsiaのプラットフォームと顧客基盤を利用してユーザーを獲得できる点がファンドの特徴。東南アジアはアメリカよりもインターネットユーザーが多いため、2025年までにデジタル経済は3倍の2,400億ドルに達すると予測されており、ソフトウェア系サービスへの出資がメインになると想定される。- AirAsia launches a $60M fund to help startups get into Southeast Asia

08_Trustpilot.png
Image credit: Trustpilot

Eコマースレビューサイト「Trustpilot」がシリーズEラウンドで5,500万ドルを調達。ユーザーは手軽に企業/サービスレビューを検索できる。一方、企業側は各ウェブサイトに散らばるレビューを効率的に収集できる。同社レビューデータベースには150か国以上の国々、26万社以上の企業に対する5,800万件を超えるレビューがある。ユーザーは毎月約120万件の新しいレビューを投稿するという。- Trustpilot raises $55 million for online business reviews

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------