インドネシアやタイなどでスマート自販機を展開するBlue Mobile、シリーズCラウンドでAnt Financial(螞蟻金融)から資金調達

by e27 e27 on 2019.4.10

杭州に本社を置く Ant Financial(螞蟻金融)は、共同出資者である北京の Joy Capital(愉悦資本)と共に、東南アジア拠点の自動販売機プラットフォーム Blue Mobile に出資した。KrAsia の報道によると、シリーズ C ラウンドの調達金額は明らかにされていない。

同社によると、調達した資金はモバイル決済利用の実現に向け、Truemoney、Dana、Lazada、Tokopediaとの提携を検討するために使われるという。

Blue Mobile は2014年、深圳に設立され、現在はタイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアに子会社を構えている。

主力製品である BluePay Wallet は取引手数料無しで決済・振込ができるモバイル決済プラットフォームで、1日に30万件以上の取引を処理しているという。

Blue Mobile は現在、インドネシアとタイで6,000台以上のスマート自動販売機を運営していると述べ、来年にはさらに3万台を追加設置し、大手電子マネープラットフォームと提携する予定である。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------