インド各地で学生向け賃貸住宅を展開するOxfordcaps、シリーズAラウンドで800万米ドルを調達——Times Internet、500 Startupsなどから

by Tech in Asia Tech in Asia on 2019.4.10

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Oxfordcaps
Image credit: Oxfordcaps

シンガポールに本社を置くテクノロジーベースの学生向け住宅スタートアップ Oxfordcaps は3月26日、シリーズ A ラウンドで800万米ドル(1,100万シンガポールドル)以上を調達したと発表した。同ラウンドはインド拠点の Times Internet がリードし、既存投資家の Kalaari Capital と 500 Startups が参加した。

Oxfordcaps は大家と提携して不動産物件を再設計し、学生に部屋を貸すため画一化された住宅施設に転換している。物件は無線 LAN、ランドリー、ハウスキーピングサービスが完備されており、食事も提供する。同社には Oxfordcaps Premium Residences、Oxfordcaps Student Residences、Oxfordcaps Dorms の3つのサブブランドがあり、それぞれ異なる価格帯で学生をターゲットとしている。

Oxfordcaps は2017年に設立。今回調達した資金はインド10都市以上でより成長を促すために使われる。また、暮らし体験を充実化させるため、IoT やディープラーニングに重点を置くテクノロジーに多額の投資を行っていく予定だ。

ベッド数は200床から6,000床以上に拡大した。現在、大学と提携して、学生に特化したノウハウを蓄積中だ。前回、Oxfordcaps が資金調達したのは2017年のシードラウンドであり、500 Startups がリードした。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------