上場前のスタートアップ支援「THE FUND」シニフィアンとみずほFGが200億円のグロースファンドを設立

SHARE:
スクリーンショット 0001-06-26 10.04.26.png
シニフィアンサイトより

経営支援事業を手がけるシニフィアンは6月26日、上場前のスタートアップを支援するグロースファンド「THE FUND」の設立を公表した。ファンドの正式名称はTHE FUND投資事業有限責任組合で運営会社シニフィアンとみずほキャピタルが共同で運営する。ファンドの総額は200億円で、みずほ銀行がLP(リミテッドパートナー)として出資する。

株式上場する前のスタートアップが投資対象。上場後にも継続的な成長が見込めるよう、資金提供だけでなく経営面や財務面のハンズオンをするのが特徴。今回のファンド設立にあたり、同社はその背景などをブログで公開している。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録