ゲームで感染拡大防止 #PlayApartTogether #離れていっしょに遊ぼう キャンペーンが日本でも開始、ミラティブとミクシィが共同で

SHARE:

PlayApartTogether.png

ゲーム実況サービス「Mirrativ」を運営するミラティブは4月15日、世界保健機関(WHO)と海外ゲーム企業が進めているキャンペーン「#PlayApartTogether(離れていっしょに遊ぼう)」に賛同するプロジェクトページを公開した。ミクシィが提供するXFLAGと共同で実施したもので、今後、協力する他のゲーム事業者を募る。

#PlayApartTogetherはWHOとビデオゲーム業界が協力して立ち上げたキャンペーンで、感染症予防ガイドラインにある「人と人との距離をとる」「咳エチケットを守る」などの新型コロナウィルス感染防止行動を促すのが狙い。3月の後半にキャンペーンが開始され、4月5日時点で60近くの事業者が参加している。

Last week, 18 game companies announced they had joined the campaign. They included Activision Blizzard, Kabam, Snap Games, Amazon Appstore, Maysalward, Twitch, Big Fish Games, Playtika, Unity, Dirtybit, Pocket Gems, Wooga, Glu Mobile, Riot Games, YouTube Gaming, Jam City, SciPlay, and Zynga.

And the next 40 game companies and other organizations include Big Blue Bubble, Bohemia Interactive, Box VR, CCP Games, Drone Racing League, Ezone, East Side Games, FunPlus Games, GamexGames, Gismart, Google Play, HyperX ANZ, ISFE, Koei Tecmo, Mattel, Maximum Games UK, MobilityWare, Modus Games, N3twork, Nexon America, Next Games, Oculus, OnePlus, Playnet, Raid Studios, SCS Software, Sayollo, Sega, Wawa Games, Weird Game, Microsoft (Windows App Store), Women in Games, Total Mayhem Games, TownCrier, Twitch Prime, RGG Studio, Top Eleven, and the Entertainment Software Association.[Update: 12:29 p.m. 4/5/20: Scopely has also joined; Facebook Gaming has also joined].(引用:40 more game companies join WHO #PlayApartTogether coronavirus awareness campaign

ミラティブとXFLAGが開始したのはこのキャンペーンの日本版。参加した事業者はハッシュタグ「#PlayApartTogether」「#離れていっしょに遊ぼう」と共に感染予防の啓発を行うと共に、各社が企画したキャンペーンなどの実施も予定する。

例えばミラティブでは期間中、これらのハッシュタグと一緒にゲーム実況の配信をしたユーザーに、アイテムのプレゼントをする企画を実施している。参加を希望するゲーム事業者はここから応募できる。以下はミラティブ代表取締役の赤川準一氏からのコメント。

コミュニケーションの力を信じ、「友だちの家でゲームやってる感じ」をコンセプトにゲーム実況・生配信で人のつながりを作ってきたMirrativにとって、この「#PlayApartTogether」は深く共感できるメッセージです。

世界中で新型コロナウイルスウィルス問題が拡大するなか、感染拡大防止に尽力するすべての方々への強い感謝と敬意の想いが日々大きくなっています。そこには、接触を避け、意志を持って在宅を続ける人々も含まれます。

自宅でゲームとともに起動するMirrativが、ひとりプレイのゲームでも友だちと話しながら遊んだり、マルチプレイをする仲間が見つかったりする助けになり、孤独や不安の解消を通じて間接的にコロナウィルスの感染防止に貢献できることを誇りに思います。そして、多くの人と人との願いをオンラインでつないでいけることを祈っています。1日も早い解決を願っています。

----------[AD]----------