パンデミックでどうなる中国ゲーム市場ーー2024年には460億米ドル規模に【Niko Partners予測】

SHARE:
中国のPCゲーム市場は新型コロナの流行で縮小している
Image Credit: Niko Partners

市場調査会社のNiko PartnersPCおよびモバイルゲームについて新たな調査結果を報じている。それによると、中国のPCおよびモバイルゲームの収益は2019年に331億米ドルに達した。2024年までに467億米ドルに成長すると見込まれている。

この予測は新型コロナのパンデミックの影響を加味したものだ。GamesBeat Summit 2020で中国におけるパンデミックの影響に関するパネルディスカッションのモデレータを務めたLisa Cosmas Hanson氏はGamesBeat宛のメールで、現在の中国ではネットカフェでのプレイが困難なためPCゲームの収益が2020年に5%減少する一方、モバイルは需要が増えると予測している。

中国のゲーム人口は2019年に6億8,500万人だったが、2024年には7億7,200万人に増加すると予想されている。2019年のモバイルゲームの収益は185億米ドルで、前年から18.2%増加した。2024年までに320億米ドルになる見込み。女性ゲーマーは2018年に全体の42%、2019年は46%と増加傾向にあり、2020年には50%を占めると予想されている。

PCゲームは2019年に4%減少して146億米ドルとなった。中国ではコロナウイルスの影響でネットカフェが閉鎖されており、さらに減少する見込みだ。中国でのeスポーツ人気は続いており、2019年の収益はゲーム全体の42%、139億米ドルに達した。2024年には232億米ドルに増加すると予測されている。

Hanson氏は次のように述べている。

パンデミックという時代の激動の中、中国というレンズを通してゲームに関する人間の行動を観察し分析するという機会が得られました。分析結果から2024年までの年次予測を行い、COVID-19、規制、そのほかの市場要因を受けて弊社の市場モデルや予測を修正しました。

外出禁止令の間、世界中の人々が自宅でビデオゲームをプレイすることで安全に過ごし、いくらかの喜びを得ることができたこと、そして中国の市場でもそれが実証されたことに感謝しています。

Niko Partnersは中国のモバイルゲームが一段と成長すると予測している
Image Credit: Niko Partners

Niko Partnersは家庭用ゲーム機についても今後のレポートで予測を修正する予定だ。

隔離期間中、中国の人々は非常に多くゲームをプレイしていますが、普段の生活が再開すればこの盛り上がりは後退するでしょう。この期間中に人気が復活した古典ゲームの中には人気を保ち続けるものもあるかもしれません。モバイルゲームは引き続き急成長するものと思われます(Hanson氏)。

同社がCOVID-19の影響力調査をしたところ、対象者の95%が隔離期間にゲームをプレイすることが増えたと回答した。また、世界的にヒットしたゲームが、難解な規制政策によって中国でのライセンス供与を遅延されたり阻止されたりした結果、PCゲームの予測が下方修正されたとのことだ。

主にモバイルゲームへの引き込みを理由として成長はほぼ横ばいになると予測していましたが、市場は2019年に4.9%縮小しました。2020年は規制、新作の減少、COVID-19によるネットカフェの閉鎖などからさらに縮小するでしょう(Hanson氏)。

モバイルゲームに関しては、需要が高まり、インフラが向上し、ゲームの選択肢が広がることを理由に拡大すると予測されている。Hanson氏はeスポーツがPCとモバイルの両方で主要な推進力になると述べている。

コロナ収束後、ゲーム市場におけるオフライントーナメントの影響力は小さくなるだろう。一方モバイルeスポーツにとってはオープントーナメントがより広く普及してメインストリームとなるチャンスであり、モバイルゲームの収益を押し上げる可能性がある。

※本稿は提携するVentureBeat記事の抄訳になります

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】