nnfとアシックス、履いて走るだけでコーチを受けられるスマートシューズ「EVORIDE ORPHE」を発表——Makuakeで事前予約を開始

SHARE:
Image credit: ASICS / no new folk studio

no new folk studio(nnf)アシックス(東証:7936)は、両社が持つそれぞれの技術を集めたセンサー搭載ランニングシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライドオルフェ)」のリリースを発表した。

この製品は、アシックスのランニングシューズ「EVORIDE」のインナーソールに、nnf が開発したセンサーモジュール「ORPHE TRACK」を搭載したもの。両社は今年初め CES 2020 に試作品を出品していたが、これが実用販売されることになる。

本日から10月18日まで Makuake でクラウドファンディングが実施され、製品は2020年11月以降出荷される予定。12月からはアシックスの一部直営店やアシックスオンラインストアでの販売も計画されている。

Image credit: ASICS / no new folk studio

EVORIDE ORPHE は、履いて走るだけでランニング中の足の動きをデータ化し、ランナーの走り方の特徴を可視化することで目標達成をサポートするスマートシューズ。ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)内部にセンサーを搭載している。

走行中の距離、ラップタイム、ペース、ストライド(歩幅)、ピッチ、着地エリアや時間、接地角度、着地衝撃などのデータを取得し、それらのデータとアシックススポーツ工学研究所の知見を組み合わせ、走り方の評価スコアを算出する。

ランナーの足運びの特徴や改善ポイントを可視化できるほか、パーソナライズされたアドバイスやおすすめトレーニングメニューを提供。ランニング中にリアルタイムで音声コーチングを受けることも可能だ。

no new folk studio は今年1月、アシックス・ベンチャーズから資金調達したことを明らかにしていた(調達金額は非開示)。アシックスはまた、2016年にフィットネス・トラッキングアプリの「Runkeeper」を買収している