フリーランス向け請求書買取「yup」1.3億円を調達、約半年で1000件申込

SHARE:
yupウェブサイト

フリーランス向けの報酬即日払いサービスを提供するyup(ヤップ)は7月29日、インキュベイトファンド、イーストベンチャーズ、ログリー・インベストメント、および個人投資家を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は合計で1億3000万円。払込日や出資比率などの詳細は非公開。個人投資家として参加したのは佐藤祐介氏、大湯俊介氏、砂川大氏、赤坂優氏と氏名非公開の2名。

yupが提供する「先払い」サービスは、入金前の請求書情報を登録することで同社がそれを買取り、即日に資金を振り込んでくれるもの。審査にかかる時間は60分で、請求書を発行するフリーランスであればあらゆる業種で利用可能。利用者は事業者から請求金額が振り込まれた後にyupへその金額を支払ういわゆる「2社間ファクタリング」の方法となっている。初期費用や月額費用などは必要なく、手数料は請求金額の10%固定。初回利用者については上限金額が10万円で利用に応じて上限金額が増える仕組みとなる。

2019年9月にサービスを開始し申込件数は7カ月で1000件を突破、申込金額は2億円以上になる。リピート率は7割。調達した資金を使い、サービスのマーケティング、AIを活用したスコアモデルの開発、新規サービス推進などを目的に人員の強化を進める。

----------[AD]----------