アプリコット・ベンチャーズとSpready、創業期スタートアップのユーザヒアリングを支援

SHARE:
Image credit: Pxhere

アプリコット・ベンチャーズは1日、組織と人をつなぐ SNS を運営する Spready の協力を得て、創業準備中や創業期の起業家向けにユーザヒアリング支援プログラム「DIVE supported by Spready(以下、DIVE と略す)」を提供すると発表した。最大3社の採択社に対し、1ヶ月間のユーザヒアリング候補先の紹介とサポートプログラムを提供する。

アプリコット・ベンチャーズでは、これまでにも「FLAP」のような起業家支援プログラムを運営しているが、同プログラムに参加する起業家などにどのような支援が欲しいかをヒアリングしたところ、ユーザのヒアリング機会の提供の声が多かった。同社では社内ネットワークに加え、3,000人の登録者を持つ Spready に協力を求め、DIVE を展開することとなった。

VC やアクセラレータのスタートアップ支援内容が多様化する中で、ユーザヒアリングの支援をメニューに加える事例は海外でも散見されるようになった。ユーザヒアリングは初期にあるスタートアップのプロダクトマーケットフィット(PMF)に重要な役割を果たすだけでなく、参加したユーザはクローズドでのβ運用期のユーザになってくれる可能性も高く貴重な存在だ。

募集の対象となるのは、法人設立後6ヶ月以内か、今後6ヶ月以内に法人設立を予定しているスタートアップで、エクイティによる資金調達をしていない IT 関連んスタートアップが対象。また、必須条件ではないが、簡易的な提案資料やサービス紹介ページ、デモプロダクトのいずれかを用意していることが望ましいとしている。今月19日まで募集され、ヒアリング実施は11月の1ヶ月間。

アプリコット・ベンチャーズは DIVE の実施にあたり、採択されたスタートアップに対して、投資を受けることの是非や他プログラムへの参加は求めない。また、アプリコット・ベンチャーズと Spready は、DIVE のサービスを採択スタートアップに対して完全無償で提供する。サービス立ち上げ時のユーザヒアリングに Spready が使われた事例としては、飲食店〜サプライヤーマッチングのクロスマートなどがある。

<関連記事>