中国のオンライン学習ユニコーンYuanfudao(猿輔導)、シリーズG2で12億米ドル調達——コロナ禍で評価額倍増

SHARE:
Image credit: Yuanfudao(猿輔導)

中国のオンライン教育企業 Yuanfudao(猿輔導)は、TechNode (動点科技)に届いた声明によると、12億米ドルを調達しシリーズ G2 ラウンドのクローズを発表した。同社の時価総額は155億米ドルに達した。

詳細情報:Yuanfudao のシリーズ G ラウンドの第2バッチであるこのラウンドは DST Global がリードし、CITIC PE(中倍産業基金)、GIC(シンガポール政府投資公社)、Temasek、TBP(摯信資本)、DCP(徳弘資本)、Ocean Link(鴎翎投資)、Greenwoods(景林資産)、Danhe Capital(丹合資本)が参加した。

  • 声明では、今年4月に10億ドルを調達したシリーズ G1 ラウンドについても正式に発表し、21日には G2 ラウンドについて地元メディアの報道を確認した。2つのラウンドを合わせると、シリーズ G ラウンドの調達総額は22億米ドルに達した。
  • G2 ラウンドでは、Yuanfudao の時価総額は155億米ドルに増加し、半年前の78億米ドルのほぼ2倍となった。
  • 声明によると、北京を拠点とする同社は、この資金を教育技術の革新、新カリキュラム製品の開発加速、オンライン教育サービスシステムの拡大に充てる計画だという。
  • 同社によると、同社の中核事業であるライブ指導プラットフォーム「Yuanfudao(猿輔導)」と未就学児を対象とした「Zebra AI Class(斑馬AI課)」の2つの事業は、合計で370万人のユーザを獲得しているという。

背景:中国の過密するオンライン教育市場において、Yuanfudao は Zuoyebang(作業帮)や Vipkid(大米)らと競合している。

  • 中国メディアの報道によると、競合の Zuoyebang は、K-12セクターにも力を入れており、7億〜8億米ドルのラウンドを終えたと報じられている。このラウンドは、Zuoyebang が今年6月に7億5,000万米ドルを調達したシリーズ E ラウンドに続くものだ。
  • 投資家らは、新型コロナウイルス感染拡大の結果として、盛り上がりを見せているオンライン教育分野に殺到している。

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】