女性ストリーマーAnne Munitionさんに聞く:ダイバーシティ、取り組みの現状(7/7)

SHARE:
Anne Munitionさんはファーストパーソン・シューティングゲームの熱狂的なファンだ
Image Credit: Anne Munition/Redbull

(前回からのつづき)

GamesBeat: 割と最近、彼女(ESA FoundationのAnastasia Staten氏)とじっくり話したことがあります。ダイバーシティの今について、多くのことを話す必要がありました。ある意味、ゲーム業界にしてもその他の業界にしても、実際に変化が起こるまでにどれだけ長い時間がかかるかと思うと、少し疲れてしまいます。誰もがうなずいて「はい、もっともだと思います。」と言いますが、実際の変化とは大きな食い違いがあるように感じられます

Munition: 一部の大企業には、明らかにパフォーマンスとして行われている活動もあります。プライド月間になると全員がエンブレムをレインボーバージョンに変えます。プライド月間が終わった後、普段はどんなサポートしているでしょうか?舞台裏で起こっていることは必ずしも明らかにはなりません。私たちは企業がどのように運営されているのかを常に把握できるわけではありません。

一般的にゲーム業界では、1歩前進して2歩下がり、2歩進んでは1歩下がる、といった状態です。行きつ戻りつです。全体像を見ると、オンラインでゲームをしてきたこの20年間で、だんだん良くなってきているかもしれません。でも、確かに良くなったと確信できないのです。多くの問題を見てきたこの20年間は、私にとってとても長いものでした。私がマルチプレイヤーゲームをしているときに失礼なことを言う人々は今だにいます。まだ、ジェンダーに関する冗談がウケると思っているのです。彼らが気づくまでにどれほどの時間がかかるのでしょう?

開発者にとっては難しいことです。彼らはボイスチャットを監視することはできません。テキストチャットなら簡単に扱えますが、ボイスチャットは難しいのです。不正なふるまいを罰するための自動システムは作りたくありません。重荷になるものを人は望みません。

GamesBeat: 『Call of Duty』が思い浮かびます。プレイするたび、いつもです。不適切な人をすべて排除すれば、プレイヤーがいなくなってしまうでしょう

Munition: ええ。でも、たとえボイスチャットでの発言を取り扱わないにしても、人を傷つけるようなユーザー名を持つ人が絶えないのはなぜでしょう?そもそも、なぜそんなものを作ることが許されているのでしょうか?単語のスペルをチェックして防ぐことは、システム的に不可能なはずがありません。将来的にその手のツールが改善されることを願っています。

GamesBeat: こうしたことを問題視し、常識的な発言をする人が攻撃されることもよくあり、悲しいですよね。彼らは孤立させられてしまいます

Munition: 周りの反応が怖くなり、面倒を避けたくなるでしょうね。正々堂々と意見を言うことで、オーディエンスを失うことが心配になるのです。

実際にパネルでも触れましたが、私に何ができるのか、何をしているのかとよく聞かれます。自分自身が何をしているのか問うべき人はストリーマーの上位1%に入っているような、最も影響力のある人だと思います。多くは2万人もの視聴者をもつ若い男性です。彼らはもっと多くのことをしているのかもしれません。私の尊敬する、非常に成功している人たちが現実的な問題について発言しているのを見ることはほとんどありません。おそらくそれが、彼らの人気の理由の一つなのです。彼らが人気者でいられるのは、政治的・社会的な立場を主張しないからです。

前にも見たことがあるのですが、第三者として女性やマイノリティなどに肯定的な意見を言うと、こんなコメントが多くの人から返ってきます。「ああ、あなたが社会正義の戦士だとは知らなかったよ」と。ではどうしたら意見を言えるでしょう?他の人のために立ち上がることは難しいですが、何も言わないのは簡単です。将来、より多くの人がこの困難を乗り越えて他者のために立ち上がることを願っています。

私自身、こういった類の会話を直接できるほど親しい友人はいません。すでに立ち上がって正しいことを言っている人とは話したことがありますが。一方、誰かが何もしないからといって非難したくはありません。私を指さして「なぜあなたは何もしないの?」と非難するオーディエンスも一部います。私は何もしない人を責めるつもりはありません。でも、仲間の行動から勇気をもらって、良い影響を受ける人が増えていってほしいです。成功してただ恩恵に預かるのではなく、言葉のもつ影響力を使って、人々をより良い方向へと導いてほしいです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録