THIRD:AI不動産管理SaaS「管理ロイド」運営【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

THIRD

Image credit: Third

<事業内容>

不動産管理業界向けの SaaS「管理ロイド」を展開しております。

不動産管理の現場実務は、紙中心とオペレーションとなっています。日々のメンテナンス点検票や検針表はもちろんですが、設備機器の不具合などが発生した場合は、その証拠写真の写真台帳を作成する等、紙が原因で発生する単純業務が多いことが課題でした。

管理ロイドは、AI による現場サポート機能が搭載されているアプリを使い実務を行います。一例として設備機器メーターの写真を撮影するとその設備機器が正常かどうかを診断してくれる AI などが搭載されています。こうした管理ロイドアプリのデータはリアルタイムでダッシュボードに集約され、各種報告書もボタン一つで出力する事が可能です。建物のあらゆる情報が集まっているため、遠隔管理システムにもご活用いただけます。

すでに大手管理会社様中心に1,100社以上の導入実績があり、最大で業務が66%削減できたという事例もございます。

こうした建物や設備機器のデータを当社独自技術でマスキングし、不動産/工事の AI 開発を担う研究開発ベンチャーとして業界全体の活性化に貢献しております。

<推薦者>  DG インキュベーション

<推薦者コメント>

THIRD は不動産業界/建築業界の非効率な業務を改善し、不動産管理業界のDX推進を後押しするAI不動産管理プラットフォーム「管理ロイド」を提供しています。2019年11月の正式リリース以来1,000社以上に導入し、不動産・建築業界の透明化および業界全体の取引の活性化に貢献しています。
また「管理ロイド」に蓄積した様々なデータを活かして不動産管理会社の経営改善へ貢献すべく、THIRD が保有する建築技術コンサルティングのノウハウおよび AI 技術を用いて、建物に付随する工事費用の適正価格算出にも取り組んでいます。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録