リコーとサイボウズ、国内外企業へのDX提供で業務提携——「リコー版kintone」を投入へ

SHARE:

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

リコーとサイボウズは、国内外での伴走型サポートによる DX(デジタルトランスフォーメーション)加速を目的に、デジタルサービス事業に関する業務提携に合意した。「kintone」をベースにリコーとサイボウズで共同開発した「リコーブランド版 kintone(仮称)」を、2022年10月より国内市場向けに、グローバルでの展開に先駆けて提供を開始する。

国内では、リコーグループの国内販売会社のリコージャパンが中小・中堅企業などに営業やサポートを実施、また、海外でも2022年内に北米、その後、欧州での提供へと順次、展開地域を拡大する計画だ。リコーでは、このソフトウェアで、2025年度までに100億円規模のビジネス創出を目指すとしている。

サイボウズの主力製品で業務アプリ構築クラウドサービスの kintone は、現在国内を中心に導入社数は2万社を超えている。データベースとプロセス管理、コミュニケーションの機能を併せ持ち、プログラミングの専門知識がなくても容易にシステムが構築できるというローコード・ノーコードの特性から、利用者や利用シーンが拡大しているという。

この協業は、両社共通の理念「あらゆる企業や組織の“チームワーク”を支え、“はたらく”のDXに貢献する」への両トップの共感がドライバーとなり、これまでにないスピード感で実現に至りました。リコーブランド版kintoneを、リコーの共創プラットフォーム「RSI」につなぎ、リコーのグローバルなチャネルで展開することで、より多くのお客様の現場の課題を解決します。リコーはサイボウズとともに、日本を皮切りに、世界中のお客様のはたらく歓びを実現していきます。(株式会社リコー デジタルサービスビジネスユニット デジタルサービス事業部長 八條 隆浩)

この度、両社トップによる考えの一致が大きなきっかけとなり、業務提携に至りました。今回を機に、国内のみならずグローバルで「kintone」を導入する顧客が増えることで、プラグインなどの連携サービスを利用いただく機会も増えるなど、すでに協業いただいているパートナーにとっても追い風になると考えています。サイボウズは、企業理念「チームワークあふれる社会を創る」の実現に向け、「kintone」などサイボウズ製品を通じて、あらゆる企業や組織のチームワークを支えてまいります。(サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長  栗山 圭太)

リコーはかねてから、サブスク型のクラウド基盤「RICOH Smart Integration(RSI)」を展開しており、中小企業に対して、業務ワークフロー変革のプラットフォーマーとなることを目指している。スタートアップとの協業も積極化しており、2018年には請求書発行クラウドの MakeLeaps を買収、以降、ヒアラブルデバイスの BONX や音声認識 の Hmcomm との資本業務提携している。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録