スパム電話撃退アプリ「Whoscall」開発のGogolook、Web3時代のトラストテックで台湾か日本でのIPOを目指す

Gogolook(走著瞧)の共同創業者兼 CEO Jeff Kuo(郭建甫)氏
Image credit: Gogolook(走著瞧)

Gogolook(走著瞧)は2012年に設立されたトラストテックのリーディングカンパニーである。「Build for Trust」をコアバリューとし、AI による不正防止ネットワークの構築や、「リスクマネジメント・アズ・ア・サービス」を目指している。2021年11月時点で、このスタートアップのアプリ「Whoscall」は1億回以上ユーザにインストールされている。Google の元 CEO Eric Schmidt 氏はかつて、Whoscall のことを「Apple ユーザを魅了する最大の Android アプリの1つだ」と評価している。

壊れたトイレが1つある小さなオフィスで、Gogolook の共同創業者兼 CEO Jeff Kuo(郭建甫)氏は、ゼロから Gogolook を立ち上げた。チームが Whoscall を開発していた当時は、階下のコーヒーショップのトイレか、近くのお寺のトイレを使わなければならなかった。チーム専用のトイレマップを考えたこともあった。彼らは「WhosToilet」というアプリを開発しようと冗談を言ったりもした。

興味深いことに、韓国のインターネット大手 Naver の幹部は、Gogolook のガレージマインドを高く評価した。彼らは、社員にずさんなオフィスを見学するように頼んだほどだ。数年後、Gogolook のチームは、3人のコアメンバーの絶え間ない努力の結果、今では広々としたオフィスビルに移転している。Jeff Kuo 氏、Jackie Chen(鄭勝豊)氏、 Reiny Song(宋政桓)氏ら3人のコアメンバーの絶え間ない努力の結果だ。

2013年にNaverに買収、その後、会社を買い戻し

Image credit: Gogolook(走著瞧)

2013年、Gogolook は、成長を後押しするために大量のリソースとアジャイルチームを必要とする段階にあった。同年、Naver は1,800万米ドルで Gogolook を買収し、同社の株式の半分以上を所有することとなった。共同創業者の Kuo 氏は買い戻しに至った背景を次のように語っている。

巨大企業との統合は、人材の確保には役立つかもしれないが、経営が複雑になり、意思決定が遅くなる。

その後、Naver は統合から協業に方針を転換した。Gogolook の最初のエンジェル投資家であり、Tencent(騰訊)や Sina(新浪)に投資していた James Lee 氏は、「Gogolook は財務的に独立することを求められたので、新しい資金を見つける必要があった」と述べている。さまざまな要因から、Gogolook は自社株の買い戻しを決定した。共同創業者らは、Trinity Investment(資鼎)、Fuh Hwa Digital Economy Fund(復華数位経済基金)、Cathay Private Equity(国泰私募股権)、Win Semiconductor(穩懋半導体)から投資を受け、資金を確保した

統合は、この新興企業の発展を後押しした。Naver は、 Gogolook にリソースをつなぐだけでなく、大企業がどのように世界中の才能を組織し、魅了するのかを示したのだ。Lee 氏が Gogolook に投資したポイントは、3人のコアメンバーが明確でオープンなコミュニケーションをとっていたことだった、と言う。

心を一つにして、困難を乗り越える

後方最左が CFO Jackie Chen(鄭勝豊)氏、後方中央が CEO Jeff Kuo(郭建甫)氏、前列中央が CTO Reiny Song(宋政桓)氏
Image credit: Gogolook(走著瞧)

彼らは完璧にマッチしている!(Lee 氏)

Kuo 氏は人間工学と工業デザインを専門とし、Chen 氏と Song 氏は情報システムと科学マネジメントのバックグラウンドを持っている。彼らは大学の同級生で、大学内のコンテストでチームを組んだこともある。その結果、彼らの長所はかなり補完し合っていることが分かった。

Kuo 氏は、常にチームを代表して発言する存在である。彼らの考え方は同期し、チームワークで信頼を築いていく。

Jackie は行動派で衝動的に行動するタイプ、Reiny はシステム思考を取り入れるタイプ。文字通り対極にある二人だ。(Kuo 氏)

Kuo 氏はチームの潤滑油として、チームを合意へと導いていく。

あるとき、この3人による面接を経験した応募者がいた。応募者は、この3人が全く違う性格であることに衝撃を受けたそうだ。しかし同時に、違いを乗り越えて共通項を探すことで、会社にとってベストな解決策を見出すことができるのだ。

Image credit: Gogolook(走著瞧)

学生時代からチームを組んでいた3人は、直接的なコミュニケーションに慣れている。

Gogolook の元 COOで、現在は Sparklabs Taipei の共同設立者 であるEdgar Chiu(邱彦錡)氏は次のように語った。

その頃の友情はシンプルで純粋なものだ。彼らは衝突してもすぐに仲直りする。こうして、チームは素早く成長し、素早く対応する。スタートアップをつくるには、さまざまなチャレンジが必要だが、その中でゴールを見つけ、達成感を得られる人だけが生き残れる。

彼は、Mihaly Csikszentmihalyi(ミハイ・チクセントミハイ)氏の書いた「Flow: The Psychology of Optimal Experience(邦題:フロー体験入門―楽しみと創造の心理学)」を引用し、組織のメンバー全員がこのフローを形成できれば、チームはどんな困難にも打ち勝つことができるとして、その例を挙げた。

Google やアメリカの SEAL(海軍)のように、このフローを形成し、そこにいる人たち全員が、そのフローを理解することができるのだ。スタートアップを作る過程では、多くの困難に直面しなければならないが、その中でゴールを見つけ、達成を実感できる人だけが長続きする。Google やアメリカの SEAL のように、このフローを形成し、その中で人々が独立して考え、そして同調して考え方に到達している。それは Gogolook の究極の目標だ。(Kuo 氏)

IPO を目指して、今後の2つの挑戦——多角化戦略とリモートワーク

Image credit: Gogolook(走著瞧)

「台湾でソフトを作り、世界でビジネスをする」と語る Kuo 氏。Gogolook は、多角化戦略を目指している。日本にも子会社を設立した。また、台湾警察庁刑事局、韓国金融監督院、タイ警察サイバータスクフォース、日本の福岡市役所など、多くの機関と提携し、詐欺撲滅に取り組んでいる。最終的には、世界中に信頼できる通信網を構築する計画だ。

1〜2年後には、台湾か日本で上場する予定だ。国際的なビジネスを行うには、多くの資本が必要だ。競合と戦うために、スタートアップには一片の弾丸が必要なのだ。上場は10年来の夢であり、それがもうすぐ実現する。

投資家にとって、上場は子供の成長を見守るようなものだが、スタートアップにとっては、社会人になり、市場テストを受けるようなものだ。(Lee 氏)

Lee 氏は Kuo 氏のことを、パートナーと一緒に目標を達成する、先見の明のある起業家と評している。

もう一つの目標は、完全にリモートワークモードを実現することだ。「これは必然的な流れだ」と Kuo 氏は言う。社員が自由に職場やオフィス、自宅を選べるようにしたい。彼は、「この先、何が起こるかを明確に認識すれば、状況をコントロールできる」と考えている。時差や人種を超えた会話が求められるこれからの時代、コミュニケーション能力はますます重要になると彼は考えている。

トラストテックをWeb3へ拡張、ウォレットのアドレスはリアルで言う電話番号に

ブロックチェーン技術や仮想通貨技術が急成長する中、ビジネスでは海外ユーザを視野に入れる必要がある。人材は、世界中のユーザとコミュニケーションをとることで、さらに信頼関係を構築できるようになるはずだ。不正防止やリスクマネジメントの観点からも、信頼は最も重要だ。

Image credit: Gogolook(走著瞧)

Web2において、Gogolook は Whoscall という、着信した電話にラベルを付けて詐欺を防止するサービスによって、信頼技術を開発してきた。

台湾で電話番号を申請するには身分証明書が必要で、そのためには強固な信頼関係が必要だ。(Kuo 氏)

Whoscall では、ユーザが電話番号にコメントすることも可能で、電話番号がもうひとつの「ID」になる。

Web3 に関しては、ウォレットアドレスがリアルの電話番号になる。人々は、信頼に基づいてウォレットアドレスを交換するだけだ。価値はウォレットアドレスにあるのであって、持ち主にあるのだ。Gogolook は、このウォレットアドレスを Web3 での動きとしてターゲットにしている。同社は、仮想通貨の世界のための詐欺防止ツールを開発した。台湾には、アンチマネーロンダリング技術やアンチフラウド技術に取り組むスタートアップが少なくないため、Gogolook は提携にも前向きだ。

Kuo 氏は幼い頃、Amazon の創業者 Jeff Bezos 氏が語った「5年後、10年後の未来を毎日考えている」という言葉を読んだことがある。しかし、Kuo 氏はそれを信じてはいなかった。

今、自分はまさに同じことをやっている、つまり未来を見ているのだ。

Kuo 氏は、優れたチームと先見性で、トラストテック帝国を実現しようとしている。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録