Gogolook(走著瞧)、Unblock Analysis(鏈奇科技)に出資しWeb3参入——電話番号に加え、仮想通貨取引も不正監視

Image credit: Gogolook(走著瞧), Unblock Analysis(鏈奇科技)

お客様のアカウントは制限されています。今すぐアップグレードするために URL をクリックしてください。

こんなメッセージを受け取ったことがあるだろうか? 最近、仮想通貨を使った詐欺が流行っている。 通常、詐欺師は「アカウント凍結」「アカウント更新」などの理由をつけて、仮想通貨のアカウント情報や2段階認証コードを偽サイトに入力させる手口をとる。

見慣れない発信者からの電話を特定するソフトウェア「Whoscall」を開発し、長年詐欺防止やトラストテックに取り組んできた Gogolook(走著瞧)は今週、台湾のブロックチェーンスタートアップ Unblock Analysis(鏈奇科技)に戦略的投資を行い、Unblock Analysis の仮想通貨取引分析技術を活用して Web3 領域に参入すると発表した。

20万種類超の仮想通貨をリアルタイムで監視、Unblock Analysis の何がすごいのか?

東京で2019年に開催された FinSUM に登壇した、Unblock Analysis(鏈奇科技)の Ernie Ho(何建幟)氏
Image credit: Unblock Analysis(鏈奇科技)

仮想通貨の匿名性と非中央集権的な性質を利用し、多くの犯罪者が通貨や口座の移動を重ね仮想通貨と法定通貨を交換しているが、こうした資金フローの追跡技術がないため、警察による追跡が非常に困難であると Gogolook は指摘している。世界各国で仮想通貨に対する規制が強化されていることは、台湾の Web3 スタートアップ Unblock Analysis にとって新たなチャンスとなっている。

Ernie Ho(何建幟)氏と Spencer Lin(林君翰)氏によって2019年に設立された Unblock Analysis は、1日の取引額が約1,000億米ドルに達する20万種類超の仮想通貨をリアルタイムで監視し、取引を自動的に識別し、各国のマネーロンダリング防止規制に準拠した「疑わしい取引の届出(STR=Suspicious Transaction Reports)」を生成できる「仮想通貨 AI 取引監視・犯罪検知サービス」を提供している。また、仮想通貨取引所が銀行とフィアットチャネルを確立し、仮想通貨の取引量と収益を増加させることにも貢献する。

2019年以降、Gogolook は日本の金融庁(FSA)、G20、国際決済銀行(BIS)、ニューヨーク金融局などの国際金融当局から認定されている。ユーザには、台湾の仮想通貨取引所 BitoEx、シンガポールの仮想通貨取引所 CACHE、シンガポールのパブリックチェーン「Zilliqa」などがいる。

Gogolook の Web3 参入が意味するもの

Gogolook(走著瞧) の CEO Jeff Kuo(郭建甫)氏
Image credit: Gogolook(走著瞧)

Gogolook は、常に不正を防止し、信頼を強化することを目標としており、これまでの製品・サービスは、一般的な通信不正防止からデジタル通信、金融技術、SaaS サービスまで多岐にわたっている。

今回の Unblock Analysis への戦略的出資は、Gogolook がブロックチェーン不正防止分野に参入する第一歩であり、Gogolook は Unblock Analysis の仮想通貨取引監視サービスの最初のグローバル販売パートナーとなり、既存ユーザである企業や政府機関とのパートナーシップにブロックチェーン取引監視・犯罪検知サービスを追加することで、リスク管理のワンストップ製品ポートフォリオと販売力を強化できるようになる。

Gogolook の旗艦製品である「Whoscall」は、電話番号のデータベースを通信詐欺防止とリスク評価の基盤として利用している。これは、Unblock Analysis が仮想通貨のウォレットアドレスの取引行動を監視・分析し、Web3 における取引フローの信頼証明書を作成するプロセスに似ている。

今回の出資は、Gogolook の Web3 戦略を始動させる第一歩だ。「Web3がもたらすメリットとイノベーションを受け入れ、Web3 におけるビジネスの位置づけと機会を把握しなければならない。

Gogolook の CEO Jeff Kuo(郭建甫)氏は、トラストテックの核となる電話番号やウォレットアドレスの共通性がグローバルでオープンな身分証明となるよう取り組むことで、今後両者の連携により、より正確で完全な異次元リスク管理サービスや犯罪検知システムを構築できると確信している。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録