コールドチェーン物流TeamFreshが500億円調達、上半期調達額上位15社発表など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(6月27日~7月1日)

SHARE:
Team Fresh(팀프레시)の倉庫
Image credit: Team Fresh(팀프레시)

6月27日~7月1日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示したのは17件で、資金総額は3,649億5,000万ウォン(約365億円)に達した。

(クリックして拡大)

主なスタートアップ投資

  • Team Fresh(팀프레시)が時価総額5,000億ウォン(約500億円)で1,600億ウォン(約160億円)を調達した。夜明け配送、貨物手配、食材供給など総合コールドチェーンプラットフォームを提供し、今年の売上を2,500億ウォン(約250億円)と予想している。
  • ZigBang(직방)が、IPO 直前に2兆5,000億ウォン(約2,500億円)の時価総額で1,000億ウォン(約100億円)を調達した。バーチャルオフィスプラットフォーム「Soma(소마)」、サムスン SDS IoT の一部買収を通じてローンチしたスマートホームビジョンなど、新事業分野の開拓に向けた投資に使う。今後、新事業分野への投資を増やす予定。
  • Market Boro(마켓보로)が食材流通 SaaS 事業で CJ Freshway から403億ウォン(約40億円)を調達した。 CJ Freshway が保有する商品、物流、製造インフラと接続し、データ共同管理体制の構築、食材流通ソリューション開発する計画だ。
  • スマートコマースソリューションの FreeD Group(프리디그룹)が187億ウォン(約19億円)を調達した。 2015年に韓国と香港の合弁企業として設立され、200社のグローバル大企業にデジタルマーケティングに必要なソフトウェアを提供している。年末にシンガポール支社を設立予定。
  • Monolabs(모노랩스)が125億ウォン(約13億円)を調達した。20〜30代の顧客向けにカスタマイズされたサプリメントのサブスクサービスを提供。調達した資金を使って、医薬品流通、遠隔医療、シニアヘルスケアなど多様な分野に事業進出し、デジタルヘルスケア企業に成長する計画だ。

トレンド分析

上半期の資金調達額 TOP15 スタートアップ

今年に入って国内外のスタートアップ投資市場環境が悪化し、毎月の資金調達金額は下落傾向を記録している。5月には昨年比で48%も下落した。 6月には少し回復傾向が見られたが、総調達金額は8,000億ウォン(約800億円クリプト投資を除く)台にとどまり、1兆ウォン(約1,000億円)を超えることはできなかった。

このような投資環境悪化の中でも大規模な資金調達をするスタートアップは出ている。上半期に最も多くの金額を資金調達したスタートアップ上位15社を挙げてみた。

  • Bucketplace(버킷플레이스)…… 2013年の設立。インテリア、家具プラットフォーム「OHouse(오늘의집=今日の家)」を運営、時価総額2兆ウォン(約2,000億円)でユニコーンに。ライフスタイルスーパーアプリを目指し、世界進出本格化。
  • Socar(쏘카) …… 2011年の設立。車両共有を超えて自動車、電動自転車などすべての移動手段を有機的に連結する総合ストリーミングモビリティプラットフォームでの跳躍を発表。今年上場予定。
  • Qraft Technologies(크레프트테크놀로지)…… 自社開発のディープラーニングアルゴリズムを基盤に、AI 資産運用ソリューションを証券会社や金融会社などに提供する AI フィンテックスタートアップで、ソフトバンク本体から資金調達した。
  • Green Labs(그린랩스)…… 農業分野でデジタルトランスフォーメーションを推進、農作物生産から流通まで、全過程に参加している農業データスタートアップ。累積調達金額は2,100億ウォン(約210億円)。
  • Team Fresh(팀프레시)…… 2018年に設立されたコールドチェーン物流企業で、夜明けの配送物流代行、食材流通、貨物配送などを提供。 2022年上半期だけで売上高1,000億ウォン(約100億円)を達成。
  • Ridi(리디)…… 2008年に設立された電子ブックサービス「Ridibooks(리디북스)」運営会社で、電子書籍メーカーとしては初のユニコーンになった。ウェブトゥーン領域に事業拡大し、多様なコンテンツ事業を展開している。
  • Megazone Cloud(메가존클라우드)…… 2018年、1998年創業の Megazone からスピンアウトしたクラウドサービスで業界初のユニコーンとなった。
  • Semi Five(세미파이브)…… 2018年設立された半導体設計プラットフォーム企業で、サムスン電子のファウンドリーとして、自動化された設計プラットフォームを開発、開発期間とコストを大幅に削減した事業モデル構築。
  • Parking Cloud(파킹클라우드)…… AI 無人駐車管制システム「iParking(아이파킹)」の運営会社としてモビリティハブの役割をする第2世代駐車場事業に領域拡大を推進。
  • KlickBrands(클릭브랜즈)…… イコマースアグリゲーターでブランドを買収して成長を支援するプラットフォームで、ウナブランドと戦略的パートナーシップ締結で国内ブランド海外進出支援。
  • VA Corporation(브이에이코퍼레이션)…… メタバースコンテンツ制作のためのフルバリューチェーンを構築しているコンテンツ企業でユニコーンとなった。
  • Bear Robotics(베어로보틱스)…… 2017年に設立。アメリカに本社を置く自律走行ロボットを開発。テーブルまで食品を運搬するロボットを提供。
  • Musicow(뮤직카우)…… 音楽著作権共有プラットフォーム。資本市場法などの新制度編入で、事業再編しアメリカ進出を本格化。
  • Haegin(해긴)…… モバイルゲーム会社 Com2Us(컴투스)共同創業者が設立したモバイルゲーム会社で「Homerun  Crush(홈런 클래시)」などを運営。時価総額1兆ウォン(約1,000億円)でユニコーンとなった。
  • Zigbang(직방)…… 不動産プラットフォームで時価総額は2兆5,000億ウォン(約2,500億円)。バーチャルオフィスプラットフォーム「Soma(소마)」、サムスンSDS IoT の一部買収を通じてローンチしいたスマートホームビジョンなど新事業を推進。

【via StartupRecipe】 @startuprecipe2

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録