すね当て型ウェアラブルデバイスで子供の健康を見守る「Humanox」/世界のフットボールテック(2)

SHARE:
Image credit:Humanox

(前回からのつづき)スペインに拠点を置くHumanoxは、サッカーに特化したウェアラブルデバイスおよび統合プラットフォームを開発するスタートアップだ。同社はサッカー選手がプレイするときに必ずソックスとすねの間に装着するHUOX50という各種センサーを搭載したカーボンファイバーのすね当てを開発している。

選手の位置と速度、ボールショット数、カロリー、ヒートマップ、打撃速度などのパフォーマンスデータに加えて、心拍数などの健康情報が40項目以上リアルタイムで取得可能になっている。Startus Insightsが世界中から選出された2021年注目すべきウェアラブルスタートアップのトップ5に同社が選出された時、CEOのIván Contreras氏が子供たちの発達に関する健康とパフォーマンスのデータのモニタリングを解決するとコメントしたように、これらの製品はプロのクラブチームに所属する選手だけではなく、幼少期からの健康的な発達を支援する側面も強い。

同社の技術と方針が評価され、2021年から国際サッカー連盟(FIFA)のサプライヤーとなるためのFIFAイノベーションプログラムに加入している。サッカーに限らず運動時の身体データのトラッキングは、首、手首、胸部への装着が多いウェアラブルデバイスがほとんどの中、下肢デバイスの開発元としては唯一の企業らしい。また、2020年に欧州サッカー連盟(UEFA)が34か国から298のプロジェクトが選ばれるUEFA Reimagine Football Awardを受賞。スペイン、アメリカ、イタリア、メキシコなどのアカデミー、ユースおよびアマチュア クラブとリーガエスパニョーラとスペインサッカー連盟に加入するプロ チームにも提供可能となっている。

同社によると、ワイヤレスで1時間半未満でフル充電が完了し、最大6時間の稼働ができる。すね当ての価格は288ユーロ(約4万1,000円)で、トレーニング状況の管理、試合データをリアルタイムで確認、プレイヤー同士のフォローをする機能があるプラットフォーム「Huox Space」は月額4.5ユーロ(約650円)で利用できる。Huuox Spaceの他には、チーム運営者向けのプラットフォームとしてHUOX Teams、HUOX Teams+が用意されている。

次につづく:スポーツネット配信時代の必需品、自動映像制作カメラ「Pixellot」/世界のフットボールテック(3)

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録