Facebookの黎明期を彷彿とさせるSNS「noplace」、リリースからわずか1日でアプリストア1位に

Image credit: noplace

アプリストアのトップに新しい顔、ソーシャルメディア「noplace」が登場した。

リリースからわずか1日で、noplace は瞬く間に Temu、Threads、TikTok を追い抜き、それまでウェイティングリストにいた50万人が noplace に殺到し、一時はサーバがオーバーフローしたというから、いかに市場が熱くなっているかがわかる。

noplace はサービス開始から1日でアプリストアの1位を獲得した。

皆さん、しばらくお休みをいただきましたが、ようやく私たちは一発屋ではないと言えるようになりました!

noplace の創設者兼 CEO の Tiffany Zhong 氏は、X にアプリストアのスクリーンショットを投稿し、喜びを表現する自撮り写真を添えた。

noplace とはどんなソーシャルメディアなのだろうか?

noplace=新しい MySpace +初期の Facebook

ソーシャルメディアである以上、noplace はアルゴリズムという共通の課題に取り組んでいる。Zhong 氏によれば、ソーシャルメディアはソーシャルな本質を失っており、最大の問題のひとつは、人々が友人の投稿をほとんど見なくなったことだという。

noplace の個人ページでは、好きな色を設定したり、現在のステータスを共有したり、自分の気持ちや聴いている音楽、見ている番組、読んでいる本などを更新したり、同時に自分のホロスコープ、MBTI(性格診断テスト)、趣味など、自分の興味のあるものを選ぶことができる。noplace のデザインは、過去の活動よりも、ユーザのリアルタイムのステータスアップデートを重視していることは明らかだ。

noplace は、友人向けと世界向けの2種類の動的コンテンツを提供し、どちらも時系列に並んでいる。18歳未満のユーザは、noplace が内部監査メカニズムが設定した、制限されたコンテンツしか見ることができない。noplace では、ユーザは「友達トップ10」リストを設定することもでき、これもソーシャルメディアの核心である友達との密接なつながりを強調している。

noplace は、その人の現在のステータスを強調するようにデザインされている。
Image credit: Meet

機能やレイアウトは、Facebook や MySpace の初期を彷彿とさせるが、Facebookとは異なり、noplace では現在のところ写真や動画は使用できず、テキスト更新のみとなっている。

「ソーシャルメディアが増えれば増えるほど、人は孤独になる」

noplace は、現在のソーシャルメディアに飽き飽きしたユーザを対象としている。このアプリは、共有された興味と個人化された自己表現を強調することで、コミュニティの本質を再定義することを目指しており、マイスペースの全盛期を経験していないにもかかわらず、若者(Z 世代)がまだ経験していない社会交流様式に対するノスタルジーが感じられる。

Signa の調査によると、Z 世代の79%が高いレベルの孤独感を感じており、18~34歳の42%が「常に疎外感を感じている」と答えている。同時に、孤独感や友達の少なさは憂慮すべきレベルに達しており、最近の調査では、世界人口の半数近くが「親友」と呼べる人を持たないことが明らかになった。親友がいる人の割合は1990年の75%から減少している。

ソーシャルメディアはうつ病の増加につながっているが、Zhong 氏は、問題はプラットフォームそのものにあるのではなく、人々の関わり方にあると考えている。noplace の成功は、その革新的な機能だけでなく、創業者 Zhong 氏のソーシャルメディアの未来に対する深い理解と鋭い洞察力によるものである。

投資ファンドの Pineapple Capital を設立し、10代の頃からベンチャーキャピタル業界に携わり、Binary Capital がアーリーステージの 2C スタートアップを発掘するのを支援してきた Zhong 氏は、消費者向けソーシャルメディアに鋭い目を持ち、2015年には Musical.ly が次の Snap か Twitter になると予測していた。その実現には至らなかったものの、TikTok により Musical.ly が買収されたことは短編動画の爆発的な普及と彼女の的確なビジョンを証明した。

本物のソーシャルメディアへの挑戦

noplace は現在、iOS でのみ無料ダウンロードが可能で、マネタイズの計画はまだ発表されていないが、Alexis Ohanian 氏のファンド「776(Seven Seven Six)」や Forerunner Ventures など、すでに多くの投資家の注目を集めている。PitchBook によると、noplace はシリーズ A1 の調達で1,500万米ドルを調達し、累積調達額は1,900万米ドル以上に達した。

noplace の現在の人気は、2022 年に突如として登場した BeReal のように、リアルな交流と自己表現に重点を置いた基本への回帰という、ソーシャルメディアの新たな潮流を示唆している。BeReal がゲーム開発会社の Voodoo に5億ユーロ(約870億円)で売却されたのは、優れたビジネスモデルがなかったためであり、noplace がこのボトルネックを打破できるかどうかは注目に値する。

<関連記事>

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

Members

BRIDGEの会員制度「Members」に登録いただくと無料で会員限定の記事が毎月10本までお読みいただけます。また、有料の「Members Plus」の方は記事が全て読めるほか、BRIDGE HOT 100などのコンテンツや会員限定のオンラインイベントにご参加いただけます。
無料で登録する