UNIK、インドネシアでローンチしたオンライン決済のスタートアップ

by Willis Wee Willis Wee on 2012.3.12

【翻訳 by Conyac】 【原文】

こんな話をおそらく何回となく聞いたことがあるだろう。インドネシアでのオンライン決済には大きな問題がある。可能性のある解決策には多く、電話オペレーターに支払いを請求させる、第三者預託サービスを利用する、売買代行業者に現金回収を委託するといったものまである。

こういったやり方はまったくシームレスではなく、Paypalやクレジットカードを使ったショッピングに慣れた人にとって上手くいかない。インドネシアでオンラインで買い物をするには大変なことなのだ。今まで以上に独自のオンライン決済方法を開発したスタートアップ銀行大手も)が出て来ているのはとてもいいニュースである。その一つがUNIKだ。

UNIKは創業者のDavid Ratnerと彼が率いるチームで運営されている。PayPalとM-Pesa(銀行ネットワークと結合したモバイルネットワーク決済ソリューション)を1つにしたようなサービスである。David氏がこのサービスについて説明してくれた。

「UNIKはオンラインを利用したモバイル電子マネーの決済ゲートウェイであり、ユーザーはこれを使ってオンラインショッピング、支払い、プリペイド携帯の通話時間の追加チャージ、ゲームクーポンの購入、エスクローサービスでの支払いなどができるようになります。今後は、エージェントネットワークを早急に開発して送金や現金の引き出しも提供する予定です。当社にはオンライン、モバイル、SMS、販売店舗などのチャネルがあります。」

UNIKはサードパーティーのパートナーが開発・サポートをしている決済システムで運営されている。Davidはそのパートナーがどこであるか明らかにしていないが、決済システムは世界13カ国で使用され、取引されている口座は1,000万以上に上ると言う。さらにこう続けた。

「このシステムを使って、フィリピンにあるGlobe telecomのGcash展開をサポートをしています。この事例では、Bank Indonesiaが定めるサードパーティーのセキュリティ監査でを合格しています。[…]当社は、フィリピンにある他の決済ゲートウェイのスタートアップよりも大変有利な立場になったといえます。ガレージで作ろうと思うシステムではないでしょう。」

UNIKは2011年12月に初めてサービスを開始し、今では17,000人のユーザーが契約し、Tokopediaと提携を結んでいる。またエンジェル投資家から資金を調達し、今では第2ラウンドの資金調達を求めている。

オンライン決済サービスには、UNIK以外にも多くのプレーヤーがいる。IndomogはJoshua Kevinが先日取り上げたが一番のライバルとなりそうだ。その他のサービスにはKaspay、iPaymu、Inapayなどがある。

しかし、まだこの業界に明らかな勝者はいない。みんな自分たちの企業がインドネシアのPaypalになれると思っている。選択肢が多いと少し迷うことがあるが、処理をするのに覚えないといけない手間が省け、オンライン決済にユーザーが慣れていくことにつながるのである。

一番使いやすいサービスが残りますように!

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------