#StartupAsia Singapore 2014:「Startup Arena」の優勝者は、オンライン/オフラインのコマースを融合するクラウドPOSスタートアップ「Bindo」

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.5.8

5月7日〜8日の2日間、シンガポールでは Tech in Asia が主催する、アジア最大のスタートアップ・カンファレンス「Startup Asia Singapore 2014」が開催された。このカンファレンスの中で、参加者の注目を最も集めるセッションが、スタートアップがピッチで凌ぎを削るコンペティション「Startup Arena」だ。

Startup Arena に参加したスタートアップ各社については追ってお伝えするが、審査員や聴衆の評価を得て、見事入賞したスタートアップをお伝えする。

Startup Arena 2014優勝:Bindo(香港/NY)

(副賞:現金1万ドル)

sua-singapore-2014-winner-bindo

Bindo はクラウド・ベースのPOSシステムで、小売店が実店舗のみならず、Eコマースでも商品が販売できるようにするプラットフォームだ。商品管理、商品検索ほか、在庫管理も含めて、オンラインの店舗と、オフラインの店舗を一元管理できる。

シボレー賞:Astroscale(シンガポール)

(副賞:iPad)

sua-singapore-2014-winner-astroscale

Astroscale は神戸出身のシリアルアントレプレナー岡田光信氏がローンチしたスタートアップだ。会社はシンガポールに登記されている。宇宙空間には、ロケットや人工衛星などの破片がスペース・デブリ(宇宙ゴミ)として多く漂っている。映画「ゼロ・グラビティ」でもテーマとなったように、スペース・デブリは、既にある国際宇宙ステーションや人工衛星の脅威になりかねない。小さな宇宙船(1.5メートルとのこと)を打ち上げ、これを用いて比較的大きなスペース・デブリ300個を大気圏に突入させて燃やしてしまおうというプロジェクトだ。

Jungle Ventures 賞:Astroscale(シンガポール)

(副賞:VC訪問などを目的とした、シリコンバレーへの往復旅行券)

内容は同上のため省略。

Global Brain 賞:FaceRecog(シンガポール)

(副賞:東京で12月に開催される、Global Brain Alliance Forum 2014 への招待と往復旅費)

sua-singapore-2014-winner-facerecog

FaceRecog は屋外広告などに付けられる小型のデバイスで、広告の前を通過した人の眼を認識し、年齢、性別、人数等を認識することができる。デバイスで得られた情報はウェブAPIで転送されるので、リアルタイムで Google Analytics で閲覧することができる。

THE BRIDGE では追って、Startup Asia Singapore 2014 のイベントレビューをお伝えする。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------