マネーツリー、経費精算サービス「Staple」とクラウド請求サービス「MakeLeaps」の2社と連携

Junya Mori by Junya Mori on 2016.2.25

MT LINKの連携画像

資産管理アプリ「マネーツリー」を開発し、金融関連データのアグリゲーションサービス「MT LINK」を提供するマネーツリーが、本日クラウドキャスト、メイクリープスと連携することを発表した。

クラウドキャストが提供する経費精算サービス「Staple(ステイプル)」、メイクリープスが提供するクラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」が、「MT LINK」と連携する。

「MT LINK」は、銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイントなど、約2,400社のお金に関する情報をまとめたファイナンスデータのクラウドサービス。マネーツリーは、先日みずほ銀行への「MT LINK」の提供を発表したばかり。これまでに提携してきた企業に本日発表された2社を加えて、公式に9社のパートナーシップ契約を締結している。

また、本日からこれまでアプリからしか閲覧できなかった法人口座が、マネーツリーのWeb上からも閲覧可能になった。これまで法人口座の閲覧は、限定されたWindows端末からしかできなかったが、今回のアップデートにより端末でも法人口座の数字が閲覧できるようになる。

「MT LINK」が広まっていることで、ファイナンスデータへのアクセスはより便利になってきている。

“summercamp"/

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース