チャットでお金が送れる、Facebook MessengerがPayPal経由での個人間送金に対応

by Khari Johnson Khari Johnson on 2017.10.21

paypal-fb-messenger-1
Image Credit : PayPal

Facebook Messenger経由のPayPalのピアツーピア(P2P)送金が可能になった。PayPalのCOO、Bill Ready氏が、米国時間午後のブログ記事でこのサービスが本日から米国ユーザーに提供されると発表している。これは今年の初頭にMessengerに付け加えられたFacebookのチャット拡張機能で送金ができるようになったもの。

「友人やグループと一緒にMessengerでメッセージを作成する際、青いプラスのアイコンをタップして、緑の送金ボタンを選択すれば、すぐにお金を送ったりリクエストできるようになりました。Messengerの連絡先とP2P送金をする際にPayPalをウォレットとして選択可能になっています」。

PayPalはまた本日からユーザー向けのMessengerボットを開始し、ユーザーのアカウントや送金、操作に関するヘルプサービスも開始している。

ちなみにPayPalは本年からMastercard、Visa、Vodafone、Alibabaとの間でパートナーシップを締結し、Slack上でP2P送金が可能となるボットを開始させている。今日のニュースはこれに続くもので、月間13億人のアクティブユーザーを持つチャットアプリ「Facebook Messenger」は同社のP2P送金をさらに拡大させるものになるだろう。

Messenger自体のP2P送金サービスが最初に発表されたのは2015年で、2017年4月にはグループでの送金に対応している。また、2016年春に発表されたMessengerプラットフォームのボット機能では、TransferWiseWestern UnionMastercard、MoneyGramなどの金融サービスが対応し、送金のハードルをぐっと下げることとなった。

開発者に対しては約1年ほど前からメッセンジャー内でPayPalなどを含む送金サービスのベータ版が開放されていた。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------